貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
はじめに


■■■■■■ はじめに ■■■■■■



はじめまして、まうぞうと申します。

当ブログ「貧乏神に愛されて」へようこそいらっしゃいませ。



私はアラフィフの
デザイナーとオペレーターを兼ねた
しがない工員です。

貯金なし、保険なし、
不動産なし、資産なし、
借金ありのどん底生活を送っています。

生まれたときから貧乏で絶望的に金運が無い、
貧乏神様に愛された貧乏人(びと)です。

はかない夢は愛車に乗って日本縦断の旅をすること。

ささやかな趣味は好きな日本酒を飲み歩くこと。



そんな薄給・薄幸な私の之までの人生、
貧乏神様の手下達である、

無職無年金の飲んだくれ毒親
自己中で金の亡者の強欲姉
闇金まで手を出した借金大王元嫁
私を心療系病院送りにした横暴な前職雇用主
何人も病院送りにした現職パワハラ上司

など、
いろんな敵が立ちはだかり
私の貧乏を加速させてきました。



こういう半生ですので、
長年、適応障害をわずらっており、
そちらの闘病記も書いてゆきたいと思います。

是非とも応援の程よろしくお願い申し上げます。



お気軽にコメント頂けたらうれしいです。
リンクは是非お願いします。

※コメントは非公開でも結構です。
 じゃんじゃん書き込んでください。
 ただ、お返事を公開で返すわけにもいきませんので、
 読ませて頂くだけになります。
 申し訳ありません。




よろしければ下記の記事をご覧下さい。
当ブログと私の基本的な情報が書いてあります。

● 最初の記事
● プロフィール
● 登場人物
●私の日本酒原器
●コメントについて

何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。
スポンサーサイト
インフルエンザ
生まれて初めてインフルエンザ
罹患した男・まうぞうです。



祝!初・インフル!



予兆も気配も無く
突然でした。

しかも地味に。



世間一般的にインフルに対するイメージといえば
とにかく40℃近い高熱が出るというものですよね。

ですから私は今回の風邪の症状が出た時も
熱が全然大したことありませんでしたので、
インフルの可能性なんて全く考えてませんでした。



事の始まりは今週の木曜日。



若干喉に違和感があり、
うっすら熱っぽい感じが出てきて
かすかな頭痛を覚えました。

「風邪引いたかな?」

と思ったんですが、
頭痛は二日酔いのせいだと思い、
痛み止め飲んだらすぐに収まりましたし、
喉も熱も重篤化することもなく
問題無いような気がしてました。

まあ軽い風邪を引いたのかな?と。

しかし、翌金曜日も同じ状態だったため
万が一インフルだったら出勤停止になるため
念のため病院を受診しておいた方が良いと
会社の上司に勧められ朝一に近くの病院へ。

まさかインフルなわけは無いと思っていたのですが、
実は見事なインフルでした。

熱は37℃しか無かったのですけどね。



私の勤める限りなくブラックに近かった会社は
地殻変動のお陰でそれなりにホワイト企業になったため
社員のインフル罹患の際も出社規定が出来ました。

“発症から5日間は出勤不可”

昔だったらインフルだろうが何だろうが
病気で休むこと自体考えられなかったんですが、
今はしっかりと休むことを求められます。



有給扱いで。



良い時代になったものです。



昨日は、
病院でインフルの診断を受けて
すぐに帰宅。

とりあえず大人しくベッドの中で



電子書籍を

大人買いして

読みふけってました。




「七つの大罪」29冊一気読み。

面白かった。うん。



さて、今日は何読もうかな♪




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ドーピング
大変申し訳ありませんが、
もう一つだけオリンピックの話題で
失礼な感想を言わせて下さい。



あくまでも個人的な感想です。









ロシアから個人資格で平昌五輪に
出場していた選手にドーピングの
疑惑が浮上したそうですね。



カーリングの選手だとか。



失礼・無礼・を承知で感想を言うと・・・





カーリングって

ドーピングが

必要な程の

体力勝負

なんですか?






天性のバランス感覚と
タイミングを合わせる技術で
やってるような気がしますが。

モップはきはきに
腕力がいるのかな?



疑問です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

平昌オリンピック
4年に1度のスポーツの祭典、

“オリンピック”

夏・冬合わせたら、
2年に1度のお祭り騒ぎ。



正直、

うんざりしている

男・まうぞうです。




水を差すようですが、
お気を悪くなさる方が
いらっしゃったら
申し訳ありません。

勝手な個人的意見ですが、
オリンピックに対する悪口になりますので
気に障る方はお読みにならないでください。










私、元来、スポーツには
あまり興味が無い男です。

昔は高橋・松井・清原がいた頃の
巨人戦はTVでたまに観てましたが、
今では1軍選手でも1人も知りません。

相撲は興味ありますが、
TV中継を観ることはなく、
ネットで結果を知るくらい。

年間を通して我が家で観る
スポーツ番組と言えば、



とんねるずの

「スポーツ王は俺だ」

くらいです。




私は北部九州人ですから
スポーツ観戦の環境的には
恵まれていると思います。

野球はソフトバンクホークスがあり
ヤフオクドームがあります。

サッカーは
サガン鳥栖・Vファーレン長崎・
アビスパ福岡・ロアッソ熊本・
大分トリニータ・ギラヴァンツ北九州
とJ1からJ2まで豊富にあります。

大相撲は九州場所もありますしね。

ですが興味薄です。

各スポーツ、
直に観戦した経験もあるにはあるのですが、
殆どの観戦理由が

「チケットを貰ったから
 じゃあ観に行ってみるか。」

くらいの軽い気持ちでした。

そこからハマッたなんてことには
至りませんでした。



そんな私ですからここ最近の
TVを付けたら平昌平昌言ってる現状には
辟易しています。

元々スポーツに興味が無い上に、
開催地が韓国という地上最悪の隣国ですから
より一層嫌悪感を感じてしまいます。

北朝鮮の参加もどうでもいいですし、
美女軍団だの管弦楽団などの話題も
どうでもいいです。

北に骨抜きにされている文在寅大統領の姿など
観るだけで不快です。



アスリートの方は純粋に尊敬しますよ。

努力を重ね、
オリンピックという大きな舞台へ
立ったワケですから。

日本の選手がメダルを取ったと聞けば
素直に嬉しく思います。

ちなみに“アスリート”という呼称。
この言葉にも慣れません。
「スポーツ選手」じゃダメなんですかね・・・



たぶん、
オリンピックの何がイヤかって、
猫も杓子もオリンピック好きだと
強制的に植え付けているような
TVの放送が嫌いなんでしょうね。

インタビューや解説者のしゃべり、
現地レポやアスリートが小学生の時の恩師の話
なんかで長々と番組を流されるのが
うんざりですね。



こんな私ですが、
さすがに東京五輪には熱中できるのかな。

競技場まで行こうとは思いませんが、
せっかくですからTV観戦くらいは
するのかもしれませんね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

フィフティ
アラフィフから


“フィフ”


になろかという男・まうぞうです。



フィフティですよ。

自分がまさか50代になる日が来ようとは。

人が生きている限り
いつかは誰でも迎える日
なんですけどね。



“大人の階段の~ぼる~”

H2Oの歌ですね。

“みゆき”のエンディングです。

50代超となると階段ではなく
もはやハシゴですね。

背中に大荷物背負って
長いハシゴを登っている気分です。

険しさや絶望感もひとしおですよ。

これが60代になると
カリン塔レベルの難易度に
上がるんじゃないでしょうか。

人生は辛いですね。



40代30代の会社同僚や友人知人を見ると
若いというだけで羨ましく感じます。

さすがに20代の人には
羨望の感情は起こりません。

自分の子供と言ってもいいくらいの年代ですから
すでに異次元の存在なんでしょうね。



30代から40代というと
職場でも中核的な戦力となり、
早い人は出世街道に乗り始める人も
出てくる年代です。

20代の学歴や就職先などの環境にも
大きく左右はされるでしょうが、
大企業では大企業なりに、
中小企業では中小企業なりに、
他者との差が出てくる年代でしょう。

そうして実績と運に恵まれた人が
50代を迎える頃になると管理職や経営陣に
名を連ねるようになるのでしょうね。

私は早々にリタイアしていますので
定年まで勤められたとしても
一兵卒のままです。



転職においては30代は
一番有利なんじゃないでしょうか。

転職市場においては
40代になると厳しさが増してきて
50代ともなると絶望的です。

よほどキャリアや特殊技能があれば別ですよ。

私の仕事は特殊技能と言えば特殊技能ですが、
毎年何万人もの新卒ライバルが排出されている
分野ですから勝負になりません。

このブログでも何度か、

「こんな会社辞めてやる!」

と書きましたが、
いざ辞めてしまったらそこから
地獄の日々が始まるのでしょうね。



でもまあ、

辞めたい時は

辞めますけどね。




家賃は払ってますが
住宅ローンも無いし、
子供もいないし。

世の家庭を持つお父さん達に比べたら
背負っているものが軽い身分ですから。



気がつけば
親父が自ら逝ってしまった年齢に
あと数年でなろうとしています。



逝く間際、親父は
どんな気持ちだったんでしょうね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。