貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
残業100時間
田舎だから、なのか・・・



印刷業界だから、なのか・・・



私は若い頃、

月100時間の残業なんて
当たり前でした。

それどころか自宅に持ち帰り、
自分で買いそろえたMac一式で
仕事をやってました。



ポストスクリプト対応

レーザープリンタを

個人で持っていた

酔狂なヤツは

私くらいのものです。




もちろん残業代なんか付きません。



私の個人的な意見ですが、
仕事に関してはそういう修羅場を経験しておいた方が
後々、打たれ強くなるものだとも思います。



が、



法律の制定はまた別の話。



私は、自分が上記のような経験をして
良かったと思っています。

ですが全ての労働者がこういう経験を
するべきだとは思いません。

同じ残業でも、
自身の鍛錬のための修行的な残業もあれば、
心身を削り取られる拷問のような残業もあるでしょう。

個々の事例を事細かに行政が検証することが不可能な以上、
やはり過度の残業は法律で規制すべきでしょう。



いろんな会社があり、

いろんな労働環境があり、

いろんな経営者がいて、

いろんな労働者がいます。



その全てが自身を鍛える
“修行”のような労働が行える
わけではありませんしね。

労働を
単に“働いた分金をくれ”なだけの
とらえ方もありだと思います。



私は今月、

33時間の残業をして、

残業代はゼロです。




いい加減、いい歳ですから、
苦行で自分を磨くことよりも
労働に見合った報酬を得られるように
なりたいものです(泣)。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは、隊長。
仰ること全面的に同意です。私も100時間とかやってましたし、その経験も良かったとは思っています。が、やるべき事ではないと思っています。
海外なんかはそういう事をせずとも、立派に一人前になっている同業者も多数いるわけで、過剰残業せずともきちんと育つ環境や、利益の出る経営をすべき段階に日本経済が直面しているのだと思います。
なので今回の残業規制に関する改正案はハッキリいって「案の定骨抜きになったな」ってのが正直な感想ですね。
2017/03/17(金) 09:45:17 | URL | cuts #- [ 編集 ]
cutsさん、こんにちは。
何かで読んだのですが、「残業の撲滅」を狙って法律を作るなら、「残業には無条件・強制的に2倍の時給を払うこと。違反したら経営陣は懲役、会社の告発・廃業もあり。」とすれば、経営陣が死にものぐるいで残業撲滅するでしょう、とのことでした。
なるほどと思いましたよ。
2017/03/17(金) 20:28:49 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/801-f65e8662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック