貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
ど根性ガエルの娘
「ど根性ガエルの娘」

という漫画が話題になっています。

電子書籍でコミックが2冊発売されていて
私はそれで読みました。

最新話はネットでも配信されています。

今度、紙の書籍の発売も
決まったようですね。



内容はと言うと、
タイトルそのままなのですが、
「ど根性ガエル」の作者・吉沢やすみさんの
娘で、ご自身も漫画家である大月悠祐子さんが
幼い頃からの家族の波瀾万丈な内情を
描いた漫画です。



この漫画の最新話が“衝撃の15話”として
ネット上で話題になっています。



私、この最新話を読んで抱いた感想は、

「やっぱりそうか。」

でした。



ネタバレになりますので
詳しくは書きませんが、

「毒親は変わらない。」

というのが私の体験上の確信です。



持論とまでは言いません。

各家庭・各個人で境遇も性格も
千差万別でしょうから。

ただ、私は実体験上で
「毒親はそう簡単に変われるもんじゃない。」
と思ってましたので、
最新話を読んで得心がいった訳です。



僭越ながら大月さんに
私ごときがアドバイスするなら

「一度、親を捨てたら?」

ということですかね。



私の毒親。



飲んだくれ父は早くに自ら命を絶ちましたので
飲んだくれ母と長年暮らしてまいりました。

この母、
飲んだらキチガイですが、
飲んでなくてもキチガイでした。

ささいな事で狂乱のスイッチが入る。

まるで朝鮮人です。



怒って狂って家を飛び出して、
母自身の兄弟の家に身を寄せる。

私が低姿勢で迎えに行くというのが
いつものパターンでした。



ある日。



またいつものようにキチガイ発動です。

母は弟(私からすると叔父)の家へ。

叔父から電話があり、

「そろそろ迎えに・・」

と切り出してきましたので、
いい加減限界だった私は、
叔父には迷惑とは思いつつも、

「殺したくなるからもう限界です。」

と言って、迎えに行くことを断りました。

その後、いろんな人が間に入って、
結局は迎えに行ってまた同居するのですが、
息子から捨てられたということが
よっぽど堪えたのでしょうか、
この一件の後からはキチガイが
かなり萎んでいきました。



逆にボケが

始まりましたが。




最終的には、
毒母親は娘である私の強欲姉に
引き取られていきましたが、
私の心は安まりません。

私の心に平穏が訪れたのは
毒母親が死んでからでした。



「親が死んでからでは孝行出来ぬ」

と言いますが、
私は、

「親が死んでからでは復讐出来ぬ」

と言いたい。



「ど根性ガエルの娘」

更新、楽しみにしています。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
この世界の片隅に
先日、アニメ、

「この世界の片隅に」

を見てきました。



北部九州のド田舎在住なものですから
上映される映画館も限られています。

シネコンは全滅でした。

仕方なく私たちが行ったのは
昭和の臭いが漂いまくる
繁華街の外れの場末の映画館。

箱は一つだけで、
座席は70席たらずしかありませんでした。

上映映画は時間によって変わりますので、
「この世界の片隅に」は昼と夜の2回上映。

私たちは日曜の夜の部に行ってまいりました。



「この世界の片隅に」



原作は電子書籍で持っていて
何度も読んだ上での視聴です。



思想的・主張的感想は
ひとまず置いておいて、
まず思ったことは、

「戦争のアニメやドラマで、
 自分もその時代に生きているような
 錯覚を起こす作品は初めて。」

でした。

それだけ
丁寧に、リアルに、丹精込めて
創られた作品ということなの
でしょうね。

のんさんの声がまた絶品です。

非常に良い出来の作品だった
と思います。



作者のこうの史代さんは、

「戦争の悲惨さを語るのに
 死者の数に注視されることに
 違和感を感じていた。」

とおっしゃっていました。

確かにその想いは伝わりました。



原爆や東京大空襲のように
10万人単位の死者数ではなくとも、
地方都市である呉市も空襲の惨禍にみまわれ、
数百名・数千名の人が亡くなってます。

主人公の見知った人も亡くなる。

たった1人の死でも
これだけ悲しくこれだけ衝撃的で
激しい憤りを感じること。

何千回という本土空襲の中の1回であり、
さらにその犠牲者の中の1人の情景ですが、
その、たった1人の人にも
愛し愛される人がいたり、何でもない日常があったり、
そしてそれが全て空襲という殺戮で
崩壊してしまうこと。

とても強く受け止めました。



ここで、
あえて、こうの史代さんの意に反して、
数字的な表現をするならば、
このアニメ内で1人の死に感じた悲しみは、
そのまま、大戦で亡くなった数百万の人
1人1人に存在したであろうことを想像する時、
果てしのない絶望感を感じてしまいます。



現代の災害の際の社会でも思うのですか、
数万人が亡くなったから大震災で、
数十人が亡くなったから普通の災害と
規模によって悲しみの強弱を
感じてしまっては危険だということ。

そういう事を強く思いました。

これが逆に作者がおっしゃる
「数で語られる危うさ」なのだろうと
思います。



災害の被災者や戦争の被害者
1人一1人に人生がありドラマがあり
親戚友人知人があり生活があり
それが理不尽にも断ち切られるという
悲劇は赦すべきではない。

そういう事を感じた作品でした。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

夏子の酒
井上純一さん作4コマ漫画のブログ

「中国嫁日記」

を愛読していますが、
先日、漫画の中で日本酒の話題になり、
その中で須賀原洋行さんの

「実在ゲキウマ地酒日記」

という漫画が紹介されていました。

eBookJapanで売ってたので
買って読んでみました。

日本酒好きの私としては
とても楽しく読めました。

で、

その

「実在ゲキウマ地酒日記」

の中で、
須賀原洋行さんが地酒好きになった理由の一つが、
尾瀬あきらさんの

「夏子の酒」

という漫画だったということが
書いてありましたので、
これまたeBookJapanで売ってたので
まずは1巻を買って読んでみました。

これまた日本酒好きの私としては
とても楽しく読めました。



私の酒の飲み方は、
細かいうんちくはさっぱり分からず、
好みの酒をただ模索しながら
漠然と飲んでいるだけでしたので、
両漫画には目から鱗のいろんな内容が
書いてありました。



昨日の日曜日、
福岡県は八女市の

「喜多屋酒造」



「秋の蔵開き」

に行ってまいりました。



行列に並んでいる間に

「夏子の酒」

の続きを読みながら待っていました。



日本酒の魅力満載の漫画に触れながら

「今から美味い日本酒が飲めるぞ」

という瞬間。



まさに至福でした。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スロット
クソ寒い土曜の午後。



地元の、スーパーに毛が生えた程度の
ショッピングモールの、
フードコートとは名がついているものの
“休憩所”と言った方がいいくらいの
スペースに席を取って、
この文章を書いている男・まうぞうです。



飲食店はマックとたこ焼き屋が一件のみ。

とりあえずホットコーヒーを飲みながら
くつろいでおります。



私は今日は土曜休の日です。



実は夜に新年会が予定されているため
それまで時間を潰さなくてはなりません。

「お金がない、時間がない」

と普段言ってますが、
いざこうして暇な時間ができると
はて、どうしたものだろうと
戸惑ってしまいます。

いつの間に
こんなに無趣味になったの
でしょうね。



先日、App Storeのランキングで

「地獄少女スロット実機アプリ」

というものがあるのを知り、
そもそも、地獄少女のスロットが
存在することを初めて知りました。

そこでどんなものか見てみたくなり、
今日、ひさしぶりにパチンコ屋に
行ってみました。



相変わらずタバコの煙が鬱陶しいですね。

世間の喫煙率とパチンコ屋店内の喫煙率は
明らかに違いますね。

どうしてこうも喫煙率が
高いのでしょうか。

今のご時世、
“健全な”娯楽を標榜するのなら、
全面禁煙の店がもっとあっても
いいと思うのですけどね。

昔はもっと頻繁にパチンコ屋にも
行ってましたが、今では、
こういう興味のある台の見学目的でも
ない限り行きません。

年取ったせいか、
タバコの臭いと大音響の音が
ガマンできません。



収支は3,200円の
プラスでしたよ。

1,000円でARTが2回来ましたが
どちらも単発で終わったので
それ以上深追いしなかったのが
良かったですね。



ちなみに、



ガールズアンド

パンツァーの

スロットも

ありました。




先日、オタクの知人に
見せられたアニメです。



正直、アラフィフになっても
美少女アニメを追い続けられる
彼らのパワーにはついて行けません。

素直に熱中できる彼らが
羨ましいです。



少女達の無垢な友情を

愛でるには、

おじさんの心は

すさみきっていて

無理があるのですよ。




やれやれです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

等身大ラムちゃん
「うる星やつら」

ラムちゃんの等身大フィギュアが
発売されると聞いて、
心中穏やかではない男・まうぞうです。



私の青春はラムちゃんに
捧げたようなものです。



その昔、
普通のマネキンを
どこからか仕入れてきて、
独自にラムちゃんに改造した
猛者もいたらしいですが。

いや、私じゃないですよ。

私はせいぜい、
当時発売されていた
ツクダホビージャンボフィギュアシリーズの
1体3,000円のフィギュアを集めて、
ちまちまと塗装していたくらい
のものですよ、ええ。

エアブラシで塗装していたんですが、
その技術が役に立って後に
商売道具になりました。

まだ昭和の時代の話です。



“等身大”はオタクの長年の夢ですからね。



でも100万円はさすがに出せません。



ちなみに、私の勝手な意見としてですが、
どうせ等身大出すなら、



オリエント工業から

ラ○ドールの技術の粋を集めて

製品化・発売して

ほしいものです。




いえ、決してラムちゃんに対して、
そんな不純な行為なんか絶対にしませんよ。

ただ、○ブドールだったら
ポージングも自由だし、
着せ替えなんかもできますからね、ええ。

多少、変態じみていますが、
セーラー服姿も拝みたいなあと
思うわけでして。






以下、黒歴史。






その昔、知人女性(かなりのナイスバディ)が
ラムちゃんのコスプレをしていました。



かなり原作に近い

布面積でした。




その姿を身近で拝めただけ
私は果報者です。


やっぱ生身等身大に

勝るものはなし。







しかし、20年くらい前の、
もっともオタク熱が強かった頃の私だったら、
確実に100万円で買ってるだろうなあ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。