FC2ブログ
貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
AdobeIllustrator
最近、仕事で使うアプリは
Excelが最も多い男・まうぞうです。



Wordも使います。

制作部門から管理部門へ
異動になったゆえでしょうね。

以前の制作関連の部署で使っていた
IllustratorやPhotoshopは
使う頻度が減りました。

特にPhotoshopは1週間起動しない
なんてこともあります。

ただでさえ新バージョンの
機能にはついて行けてないのに、
このままでは操作を忘れるばかりですね。



前職・グラフィックデザイナーの頃は
Illustratorばっかり使ってました。

レイアウトソフトのQuarkXPressなんかも
多少は使ってましたが、ほぼIllustratorで
全てまかなってました。

B2サイズの両面チラシも、

100ページ超のカタログも、

紙以外の特殊印刷物も

何もかもIllustratorです。



前職から現職へ転職してから
しばらくIllustrator生活は続きました。
(と言うか、Illustratorの経験を買われて
 転職できたようなものですが。)



前職から現在に至るまで
愛用してきたIllustratorのバージョンは、

1.9

3.2

5.5

10

CS3

CS6

CC2014

と、代を重ねてまいりました。

提供メディアは
フロッピーからCDになり
今ではダウンロードです。

時代の流れですね。



初めて個人で買ったのは
CS3のWebPremiumという
パッケージです。

20万円くらいしました。

2007年のことですから
もう11年も前のことです。

以来、ずっと自宅では
CS3を愛用してきました。

年賀状や転居案内、

町内会の案内状、

イラスト作品、

会社から持ち帰った仕事(泣)、

全て自宅のMacで稼働するIllustratorで
作り続けてきました。



そんな中、

時は流れ、

自宅のMacも新しく買い直し、

OSのバージョンも上がり、

いよいよCS3の挙動が
怪しくなってきました。

プリント出来なかったり、

テキスト打とうとするとクラッシュしたり、

色々と悲しい症状が出ていたのですが、
とりあえずAIデータをPDF形式で保存し、
Acrobatでプリントするなど荒技で
何とか乗り切ってきました。



しかし、
先日、

会社のCCで作ったデータを
ちゃんとCS3以下の形式で保存したものを
自宅のCS3で開こうとするとクラッシュしました。

開くことすらできません。

開けませんからPDFで再保存も出来ません。

一巻の終わりです。



泣く泣くAdobeのサイトを閲覧し、
Illustratorの最新バージョン
CC2018を契約しました。

“購入”というより“契約”です。

昔は“ソフト1本いくら”で買えてましたが、
今では“月々いくらでダウンロード”する
方式になっているんですね。

Adobeのいろんなソフト全てを使える
コースが約5,000円。

Illustratorのみ使える
コースは約2,000円。

本当はPhotoshopやその他のソフトも使いたいのですが、
個人で月額5,000円の出費は痛すぎます。

とりあえず必要なソフトもIllustratorだけでしたので
背に腹は代えられずIllustratorのみのコースにしました。



問題なくデータは開くことが出来、
無事にプリントも出来ました。



月々の出費を

増やすという

貧乏神様の

“プチ”

嫌がらせ発動です。





にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
単価
100ページのカタログデザイン
1ページあたり15,000円。



新聞全面広告に使用するペン画イラスト
作画代300,000円。



B4-両面2色の小売店のチラシ
デザイン代100,000円。



都会と比べて、

他社と比べて、

2018年現在の今と比べて、

高いのか安いのか
私にはわかりませんが、
今から20~30年前に私が
実際にやった仕事の対価の金額です。

ただ、私自身は当時、
サラリーマンとしてデザイン事務所に勤めていましたので
この金額は勤めていたデザイン事務所がお客さんに
請求した金額ですので私個人の儲けではありません。

これをコンスタントに
個人で独立してやれていたら
私は今頃一軒家の城主になれていた
かもしれません。

現実には独立する勇気もありませんでしたし、
タイミングを掴みそこねましたので
今となっては夢のお話です。

独立していたからといって
その後も仕事が来続けるとは限りませんし、
単価が下がらないとも限りませんしね。

チキンハートの私は一生サラリーマンで十分です。



冒頭の金額はまだバブルの余韻もあった頃の話です。

B3チラシ1点の中にリースポジ7~8枚
使用していたこともありました。

世の中お金持ちだらけだったのですね。



今の勤め先でもデザインをすることがあります。

“デザイン専門業”ではない
という理由もありますが、
片手間でやるデザインの対価は
恐ろしくなるくらい安いです。



両面チラシを作って20,000円。

看板1枚デザインして5,000円。



気が遠くなりそうです。

でも、これが今私が所属する業界の
あたりまえの現実です。

でも請求できるだけまだましかもしれません。

未だに田舎ではデザインはオマケ的な
考えが根強く残っています。

自分で自分の職域の価格破壊を
している気分です。



印刷・デザイン業界と言えば、



私は今勤めている会社の広報部門担当者ですので、
飛び込みで営業に来る印刷会社の人を応対する
機会がたまにあります。

どこもかしこも
「印刷だけでは食っていけない」
と悲痛な叫びを吐いています。

来社される印刷会社が見せてくる
制作事例や会社案内などを見ると
紙の印刷物はほんのちょっとしかなく、
ホームページの制作や動画の制作などが
幅をきかせて並んでいます。

スマホ用のアプリ開発もやっていて
通販サイトとの連動なんかを
提案してくる印刷会社もいます。

これらは一昔前はD社やT社くらいしか出来ませんでしたが、
今では九州の片田舎の地場大手印刷会社レベルでも
あたりまえのようにやっています。

各社、時代の波に乗り遅れまいと必死です。



その昔、
私はデザイン業で独立しなくて
よかったのかもしれません。

紙媒体のデザインだけではどうしようもなくなって
かといってIT系のデザイン業にも乗り遅れ、
悲惨な結末が待っていたことでしょう。

今現在私は、半分、
インハウスデザイナーとして会社に勤めていますから、
私の時代遅れのデザインセンスとIT技術でも
何とか仕事を続けられています。



ウハウハな思いはほとんどありませんでしたが、
それなりに無難に歩んだ人生と言えるでしょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

栄枯盛衰
私、たまに、

「帝国データバンク」



「東京経済ニュース」

他、企業・政経情報関連の
ホームページを見ています。



特にそこの

「倒産速報」

をよく見ます。



破産や会社更生法・再生法など
色々な

潰れた会社

の情報が出ています。



昔、デザインのお仕事をやっていた時に、
チラシやパンフレットを作ったりした会社が
倒産しているのを見かけると胸が痛みます。

パチンコ業やゴルフ場経営・不動産業など
一世を風靡した業種がバタバタと
消えていっています。



他人事ではないのは印刷業界の倒産です。

倒産件数は多くなる一方ですね。

私が昔所属していた業界ですし、
今の会社から転職しようと思うなら
やはりこの業界になると思うからです。

そこが斜陽産業となると
心穏やかではいられません。



全てとは言いませんが、
倒産原因のかなりのウエイトを占めるのが
デジタル化の波でしょう。

グラフィックデザインの世界では
デザインから印刷仕上がりまで
いろんな業種の会社が係わるのですが
その全てにデジタル化の激震が襲いました。



まずMacによるDTPの普及で
写植屋さん(印刷用の文字を打つ業種)
が潰れていきました。

続いてデジカメの普及で
カメラマンが廃業していきました。

今ではペーパーレスやネットの普及で
印刷会社が倒産していってます。

ネットや素材集で
誰でも簡単にプロのデザインやイラストが
入手出来るようになりましたので、
今後はデザイン事務所も厳しいでしょうね。



その昔、
私がグラフィックデザインを始めた頃は
デザインは全て手作業でした。

小さな事務所でしたので
全て一人でやらなければなりません。

・イラストを描く。

・デザインをする。

・レイアウトをする。

・コピーを書く。

・プロに頼む必要がない場合は写真も撮ります。

・Mac導入の黎明期には写植の代わりに
 文字をタイピングして印画紙カメラで焼いて
 写植代わりに使っていたものです。

それぞれプロの専門技術が必要な作業ですが
その全ての工程においてデジタル化の波によって
素人さんが簡単に出来るようになりました。



プロの目から見ると、

プロのデザイン

プロの写真

はやはり素人芸とは質が違うのですが、
素人衆の製品レベルの底上げがされたのもまた事実ですので、
プロの需要が細ってきたのもまた悲しい現実です。



印刷業界ってすごくいびつな業界構成で、
業界全体の売上の8割近くを上位2社で
占めています。

その上位2社は資本力も企業体力もあるため、
“紙に印刷”以外の事業に幅広く手を出して
生き残っています。

“紙に印刷”する術しかない
中小零細の印刷会社が仕事の減少で
淘汰されていっているのが現状です。



これが実情です。



そりゃ、求人内容も

厳しくなるわけだ。





にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

幸村出奔
昔から、私、
山岡荘八の「徳川家康」を漫画化した
横山光輝の「徳川家康」を愛読しておりました。



いろんな場面でいろんな感想が
浮かぶものですが、
その中で、物語も後半、
真田幸村出奔から大坂の陣までのくだりの
幸村の行動がどうしても理解出来ませんでした。


・なぜ、贅沢ではないけど
 平穏な暮らしを捨てるのか?

・大阪方に勝ち目は無さそうなのに
 あえて死地に赴くのはなぜか?



という、いたって小市民的視点の疑問でした。



今年の初めから
大河ドラマ「真田丸」
欠かさず見ているのですが、
このドラマのお陰で
長年の疑問が解けたように思います。



九度山に幽閉されていた時の幸村を
現代の自分に置き換えてみたら
まるで氷が溶けるかのごとく
すんなりと心境を受け入れられました・・・


・自ら天職と思っているデザイン業
 (幸村の場合は武将としての戦)を禁じられ、
 まるでデザインとは関係のない会社で
 苦手な営業職を強要され、
 このまま死ぬまであと数十年、
 社畜として生きるだけの人生だとしたら・・・

・そんな状態が十数年続き、
 もう一生このままかと思っていた矢先・・・

・業界2位の大手広告代理店からオファーが・・


  「大手クライアントのコンペに出品する
   デザインをまうぞう様にお願いしたい。」

  「選ばれる可能性は低いかもしれませんが、
   大勢のスタッフと豊富な機器・ソフトウェア
   を思う存分駆使して、
   自由にデザインしてください。」

  「代理店幹部やクライアントにも
   よけいなことは一切言わせません。」

  「全てまうぞう様の好きなように。」

  「そのかわり、落選したら命がありません。」


 と言われたら・・・

・オファーを出してきた業界2位の広告代理店の
 今は亡き社長には若い頃からとても世話になり、
 そこのスタッフ連中も旧知の仲。

・反面、ライバルの業界1位大手広告代理店とは
 ことある毎に対立してきた関係で、
 社長も担当者もすっごくイヤなヤツ。



こんな感じになるでしょうか。



へたれな私だって

死を賭してでも

やると思います。




人は、
時には損得勘定ではなく
行動するということが
初めて腑に落ちました。

“義に殉じた”

とか

“理想を追いかけた”

とか

単純な言葉では片付けられないんですけど、
何かしら自分の中で最優先に求めるものが
あるのでしょうね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

裸体
私は健康で健全な中年男性です。

当然のことながら美しい女性には
芸術的にも本能的にも興味があります。



私が初めて女性の裸体を見たのは
高校生の時でした。



いえ、そんな、
別に級友連中より性的進行速度が
早かったわけではないですよ。



私はヤラハタ(※1)

ですから。




※1:やらずにハタチ



私が裸体を見たのは、
画材屋さんが主催した
ヌードデッサン会に
参加したからです。



当時、私はオタク道まっしぐらの
美術部在籍の内気な画学生でした。



漫画やペン画が中心の創作活動でしたが、
さすがに部活の時間には、
ちゃんと石膏デッサンや油彩を
描いたりもしてましたよ。



私がオタク絵メインで
人物キャラのイラストばっかり
描いていたのを見たからでしょうか、
顧問の美術部の先生が
ヌードデッサン会の案内を
教えてくれました。

役に立つとお考えだったのでしょう。



スケッチブック片手に
電車に乗って行きましたよ。



行く前はそりゃあアレコレと
思い巡らせましたが、
いざ会場に着いて席に座ると、
モデルさんの躊躇も恥じらいもない
ただプロとして仕事に挑む
颯爽とした脱ぎっぷりに
気持ちも引き締まりましたよ。

「初めての裸体」

なんて感動など雲散霧消してました。



そりゃプロのモデルさんですから、



美人でしたよ。



スタイル抜群でしたよ。




懐かしい思い出です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。