貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
家族
家族は愛し合うもの。

家族は支え合うもの。

家族は協力し合うもの。



知識では理解出来るのですが
感情として全く理解出来ない男・まうぞうです。



ドラマなどで

“家族愛”

などを描かれると
どうもピンときません。



生身の知人・友人が

「母親と2人で旅行に行った」

「父親と酒を飲んだ」

などと教えてくれても

「なぜ、そんなことが出来るの?」

という根本的な所から
疑問を感じてしまいます。



いえ、分かるんですよ、
私が絶対的に少数派だということは。

でも理解できないものは理解できないんです。

親を筆頭に、
家族という存在は
私にとって

“敵”

でしたから。



今現在、唯一の家族である嫁子ちゃんは、
私にとって必要不可欠完全無欠の存在すぎて、

“全身全霊を捧げたパートナー”

という感じは抱くのですが

“家族”

と呼ぶのには違和感を感じます。



生い立ちやその後の人生経験で、
根本的に“家族”という関係を
受け入れられない体質に
なってしまったのだと思われます。



何度も何度も書きましたが、
うちの両親は2人とも飲んだくれで
喧嘩や刃傷沙汰は日常茶飯事、
その上、私にとっては貧乏生活の
諸悪の根源ですので、
愛情など最初から生まれようはずも
ありませんでした。



年の離れた異父姉は
そういう家庭が早くからイヤだったのでしょうか、
とっとと嫁に行きました。

姉も不幸な人生を歩んではいます。

ろくでもない最初の旦那との間に授かった
子供は2人とも病気で亡くし、結局離婚し、
良い人と再婚してようやく
落ち着いた生活を手に入れました。

という同情すべき点はあるんですが、
私にとってはやはり“敵”です。

飲んだくれ親を長年、私に押しつけながら、
最後は私から金を根こそぎ奪ってゆく
守銭奴な強欲姉となりましたから。

憎しみどころか殺意しか残ってません。



私も、成人して最初の結婚をしましたが、
元嫁さんが借金大王で生活は破綻。

授かった子供ともろくに触れあえないまま
別居から離婚への流れとなり、
十数年、養育費を振り込むのみの繋がりでした。



アラフォーの時に嫁子ちゃんと出逢い、
アラフィフになった今、
貧乏ですがようやく落ち着いた生活を
送ることが出来るようになりました。



ですが、
この、私の、心の中に流れる、

“風来坊のような気分”

は、たぶん一生消えないのでしょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
給料
アラフィフにもなりながら
これまで一度も給料の手取りが
30万円を超えたことがない
貧乏人・まうぞうです。



あ、



もし、真っ当に

残業代が払われていたら

余裕で超えていたはず

ですが。




人生、うまくいきません。



高校を卒業して
最初にアルバイトの延長で正社員になった会社の
初任給は8万円でした。

昭和時代とはいえ、
大卒の初任給は16万円くらいだった
時代の話ですよ。

これで家賃1万円以下の下宿に
1人暮らしをしていたのですから
我ながら大したものです。



諸事情により転職して、
とある専門職につきました。

時代はバブル全盛期。



徒弟制度が残るような業界でしたので
ここも初任給は8万円でしたが、
トントントンと給料は上がり、
比較的早く20万円台の大台に乗りました。

バブルの恩恵ですね。

が、
そこからは冬の時代。

何年も昇給がストップしてしまいました。

15年以上勤めた会社でしたが、
最終的な給料は20万円台半ばのままでした。

退職金も無し。



30代半ばで転職。



今の会社に入社したワケですが、
前職最後の給料からさらに下がった
額からスタートです。

そっから数年、
階級が上がり、
ぼちぼちと昇給もありましたが、
天引きされる額も項目も何故か増え、
20万円台半ばをうろうろ。

さらに何年か
その状態のまま頑張っていると
ようやく階級がさらに上がり、
そろそろ30万円が射程圏かという
ところまで来れました。

が、

その矢先、
パワハラ上司によりハートブレイクさせられて、
比較的気楽な現場仕事に専任できる代わりに
降格の上減給という措置を受け入れ、
再び給料は20万円台前半へ。



今に至っております(泣)



これまでいろんなシーンで
不幸を感じるような目にあってきましたが、
この給料額推移が最も貧乏神様の
悪意を感じます。



“生かさず、殺さず”



絶望的に下がるわけでもなければ
劇的に上がるわけでもない。

しかもこの間、
いろんな事情に絡まって
借金は発生し続けます。

貯金も出来なければ
保険にも入れない。



一社会人として考えたら
厚生年金に30年近く加入していますので
65歳から年金は貰えるでしょう。

年金制度が破綻していなければですが。

すると、
この先の人生も先が読めます。

60歳定年まで無難にすごしても
このまま20万円台の給料が続き、
60歳から嘱託かパートにでもなって
10万円台に収入は下がります。

65歳からの年金も
おそらく10数万円という
ところでしょう。



私の人生、

金銭的には

常にカツカツです。




美酒も美食も
趣味も最高の伴侶も
得たと自負していますので



金銭以外はリア充です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

記憶の断片
何度か書きましたが
私の父は自ら冥界へ旅立ちました。



飲んだくれで糖尿病持ちで
仕事もままならず、
私が中高の頃はずっと
自宅療養の父でした。



私が高校の時、
1回目のチャレンジを
しました。

裏庭の柿の木でした。

この時は私が発見し
一命を取り留めました。



2回目のチャレンジは
屋内の太い梁でした。

この頃私は家を出て暮らしていましたので
発見が遅れて成功してしまいました。



2回目の時は
私が駆けつけた時はもう
お棺に入ったご遺体状態でしたので
その後は葬式やら何やらのドタバタ
が記憶に残ってます。



1回目の時、
私が高校生の時のことは
記憶が鮮明に覚えている部分と
全く記憶が欠如している部分が
交互に差し挟まれています。

まるでつぎはぎの
映画フィルムを観ているようです。



ぶら下がったのを発見したシーンは
今でもはっきりと脳裏に焼き付いています。

しかし、
次の記憶では室内に横たえて
意識や呼吸を確認しているシーンに飛びます。

どうやって室内に運んだのかが
全く記憶がありません。

その時の状況から
私が1人でやったはずなのは
間違いありません。

飲んだくれ母は、
伴侶が瀕死の状態の時、
飲んだくれて寝ていました。

病気でやせていたとはいえ、
成人男子の全体重がヒモに食い込んで
高い位置にぶら下がっているのを
どうやって持ち上げたのか。

全く覚えていません。



次のシーンでは
うちの飲んだくれ母と仲の良かった
クリーニング屋のおばちゃんが登場します。

咄嗟に私が呼びに行ったのでしょうか。
よく覚えていません。

おばちゃんが父の状態を確認し

「こりゃダメ!救急車!」

と促します。

私が119番に電話したのは覚えています。



そこから病院までは
結構鮮明に覚えています。

隣市の大きな病院を目指すのですが、
よほど状態が逼迫していたのでしょう、
途中の診療所に立ち寄って、
お医者さんに注射を打ってもらってました。

おそらく強心剤か何かでしょう。

大病院についたらいきなり
心臓に電気ショックを与えてました。

止まっていたのでしょう。



救急隊員さんに小銭を借りて
家に電話をしたのを覚えています。

財布も持たずに救急車に飛び乗ったんですね、私。



ここから記憶がまた消えます。

どうやって家まで帰ったのか覚えていません。

父はそのまま集中治療室行きでした。

付き添って泊まった記憶もありませんので
どうにかして家に帰ったのでしょう。

今、改めて、当時の家と病院の位置関係を考えると
公共交通機関の乗り継ぎが悪い位置にあります。

バスや電車を何度も乗り継がなければなりません。

そんなのに乗った記憶はありません。

誰かが迎えに来たのかな?



ドキュメンタリーやドラマで
緊急事態に遭遇した人が、
火事場のバカ力を発揮したり
その時の記憶が飛んでしまうというのを
話していることがありますが、
まさしく私もそうだったのでしょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

貧乏日本国民
日本全国数千万人の
主観的貧乏人の皆様、
こんにちは。

レクサスを乗り回し、
酒は吟醸酒しか飲まない、
贅沢な貧乏人・まうぞうです。



「本当に貧乏なの?」



という声も聞こえてきそうですが、


薄給サラリーマンなのも事実。

借金があるのも事実。

不動産・資産無しなのも事実。

車以外無保険状態なのもまた事実。


立派な貧乏人です。



今年に入って、
いくつか状況を好転させる事象が生じたので
若干、息をつけただけのこと。

これまでの長い長い極貧借金まみれだった生活が
かろうじて強貧借金まぶし程度の生活水準になっただけで
貧乏生活という根本状態は一生解決しません。



世の中には貯金数千万とか投資数百万の状態で
“ダメ人間”を自称してある方もおられますので、
私も堂々と貧乏人を名乗り続けようと思います。



もし、いつか、
このブログのタイトルを、

“福の神に愛されすぎちゃって♪”

に変える時が来るとするならば・・・


・千万単位以上の宝くじに当たった時?

・不動産を手に入れた時?

・年収一千万円を超えた時?

・スロット「ガルパン」で
 30連チャンを10日連続した時?


いずれにせよ実現性は
限りなくゼロに近い事ばかりです。

今世はずーっと貧乏ですね。



ちなみに、



日本での大多数の“貧乏人”って
世界レベルで見ると十分
“上流階級”と言っていい
生活らしいですね。

もちろん、
本当に餓死寸前の人や
凍死寸前のホームレスなど
世界レベルでも立派な貧乏人も
いらしゃるでしょうが、
殆どの貧乏人は生きるか死ぬかの
レベルではありません。



夜逃げするか

自己破産するか

レベルなら

私も経験済ですが。




貧乏日本人は

・貧乏だけど3食は食べられる。

・貧乏だけど酒・タバコはやめられない。

・貧乏だけどたまに海外旅行は行く。

・貧乏だけどスマホは持ってる。

という感じですから。



日本に生まれて
本当に良かったですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

就職活動歴
田舎の平凡な県立高校の普通科を卒業し、

受験に見事に失敗し、

浪人するような金は無く、

専門学校へ通えるような金も無く、

ほとんどの卒業生が進学する中、

「さてどうしよう」ということになった

18歳の春・まうぞう。



そういう事情で、
最初にやった就職活動は
当時、書店で売っていた

「日刊アルバイトニュース」

の購入でした。



数年後、



最初の就職先を諸事情で退職し、
次の就職先を見つけたきっかけは

“知人の知人の知人の紹介”

でした。



十数年後、



長く勤めた2件目を退職し、
今の職場に出逢ったきっかけは

“ホームページから派遣会社への登録”

でした。



で、今に至る。



どれもこれも場当たり的で
我ながら、
そのまま非正規雇用の転落人生を
送ってもおかしくはない
転職模様だと思います。



しかし、幸いにして
私は土壇場で運が良かった。



「日刊アルバイトニュース」経由で勤めた会社には
正社員として雇ってもらいました。

知人の紹介で勤めた会社には
正社員で雇ってもらった上に
色々な専門技術を学ばせてもらいました。

派遣会社へ登録した時は、
派遣社員として今の会社に紹介してもらったのですが、
前職の経歴が買われて、
階級付の正社員として雇ってもらいました。



結果的に、
高校卒業から今まで、
ほぼ途切れることなく
正社員で歩んでこれました。

厚生年金も65歳からもらえるはずです。



破綻しなければ。



これまでの労働者人生、
決して楽しい時間ではありませんでしたが、
底辺なりにそれなりの生活が出来ただけ
まあ幸せでしょう。

沢山、借金こさえましたが、
借金が沢山出来るってのも
社会的な身分保障のお陰です。

その借金を滞りなく返済し続けられるのも
なんとか会社に勤められているお陰です。



給料安いし、激務だし、待遇悪いし、
休みは少ないし、残業代付かないし、

殺したいほど

イヤな上司はいるし、


と、決して良い環境とは言えませんが、
このまま平穏に勤めあげたいものです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。