貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
大人の嗜み
宝くじは何度か買ったことがありますが、
当たった最高額が5,000円の男・まうぞうです。



公営ギャンブルは大昔、
会社の社員旅行で連れて行かれた競艇が
後にも先にもそれっきりなのですが、
その時にビギナーズラックで5,000円勝ちました。



スロットは若い頃、
88,000円勝ったのが最高です。

逆に1日の負けの最高額は
よく覚えていませんが、
おおよそ20,000円です。

よく聞く

「10何万負けた-」

とか

「給料日に給料全部持っていかれたー」

とかいう話がありますが、
小心者の私はとてもそこまで熱くなることが
出来ませんでした。

これでも今思えば、
若い頃はよくもまあ、
4円パチンコでフルスペックの台を
打てたもんだと思います。

今は数ヶ月に1度くらい、
1円パチンコでしかも遊パチを
打つくらいですか。

負けてもせいぜい2~3千円です。

買っても1万超えなんて数回しかありません。



麻雀はやったことはありません。

ドンジャラすら分かりません。

ですから麻雀牌を積み重ねて
同じ牌を取っていく「上海」というゲームを
やるときは牌の呼び方に苦労します。

「竹4本のヤツ」

「丸が6個のヤツ」

「季節柄」

ってな感じです。



ゴルフは打ちっ放しに
1度誘われて行ったことがある
程度です。

仕事ではゴルフ場に何度も行きました。

イラスト描く取材

看板建施工立会

ゴルフコンペの司会

いろんな事をやってますね。



“飲み”は誘われたら行きます。

会社内では年に数度ありますね。

仲間内でもこれまた年に数回飲みます。

嫁子ちゃんと2人ではよく居酒屋や焼き鳥屋に行きます。
ハンドルキーパー様大感謝。

1人で小旅行に出た時は
必ず夕食は地元の居酒屋を訪ねます。

当たり外れもまた楽し。



スポーツ観戦。

野球は何度か観に行きました。

昔はテレビ観戦をよくしていましたが
今は全く興味が無くなりました。

大相撲も2回ほど行きました。

今でも最も興味があるスポーツは
大相撲でしょうかね。

仕事時間モロ被りですから
テレビ観戦すらままなりませんが、
ニュースやネットで勝敗は
チェックしています。

サッカーは仕事でクラブチームや
スタジアムに頻繁に脚を運ぶくせに
試合は1度しか観戦したことがありません。

ファンが聞いたら怒られそうですが、
選手の横を通って挨拶を交わしても
相手が誰だか分かりません。



以上、私の大人の嗜みでした。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
街格差
はなわに

「まるで~弥生時代~」

と歌われた佐賀県。



佐賀県の面積 2,440.68平方km

かたや

東京都の面積 2,190.75平方km


佐賀県の一般会計予算規模 4,000億円

かたや

東京都の一般会計予算規模 7兆円



面積的には佐賀県が若干広いくらいでほぼ同じ。

予算的にはその差17.5倍



人口的には
東京都が1,300万人で佐賀県が80万人と
その差が16.25倍。



教育・福祉・医療などの歳出は
人口に比例して必要でしょうから
東京都の方が佐賀県の10数倍の
予算が必要なのは当然でしょう。



が、



同じ面積の土地に対して
道路整備や公園整備・インフラ整備・都市開発など
土木・建築分野で10数倍の予算があれば



そりゃあ

大都会に

育つでしょう。




一方、佐賀県はいつまでたっても
ド田舎のままです。



東京は都市高速も地下鉄も
網の目のように整備されていて、
電柱の地中化でもやらないかぎり
お金の使い道がないのでしょうね。

佐賀県なんて、
地下鉄はおろか私鉄もありません。

唯一JRのみ。

それも高架化されているのはほんの一部です。

飲食店の数も小売店の数も
都市型観光施設の数も桁違い。

唯一市街地でのみ
東京に張り合えるのは
コンビニの数くらいでしょうか。



地方分権を唱えるなら、



まず佐賀駅前を

品川駅前くらい

都会にしてください。




まず若者が住みたくなるような
そういう街を作らないと。



都会は潤うばかり、発展するばかり、

田舎は田舎のまま抜け出せません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

10年
10年前。



携帯はガラケーでした。



今ではiPhoneを使い出してすでに4台目。

この小さな物体で今、

電車に乗り、買い物をし、
読書をし、ナビを使い、ゲームをし、
電話をしています。



10年前。



車は中古の軽自動車でした。

オーディオはナビやワンセグどころか
FMラジオすらついていないAMラジオのみ。

後部座席はベンチシート。

エアコンもろくに効かない
走るのに最低限特化したような
ボロ車でした。



今では中古車とは言えレクサス様。

ナビで道順を案内してくれ、
テレビが見られ、HDDにCDを取り込み、
シートヒーターは暖かく、
ハンズフリーフォンで電話もでき、
オペレーターがいろんな対応をしてくれます。

快適です。



軽時代より

燃費もいいし。




10年前。



お酒は飲んでましたが
何の知識も思い入れも無く
ただ酔うためのものでした。

日本酒では
とある銘柄の本醸造酒が
美味いと思えていた時代です。



今では日々精進を重ね、
蔵開のためにあちこち廻り、
酒屋や居酒屋を訪ねて泊まりがけで
出かけるようになりました。

お気に入り日本酒もずらりと
並ぶ程数が増えましたよ。



10年前。



“旅行”と言えば社員旅行くらいで、
プライベートではほとんど旅に興味はなく、
ビジホにすら1人で泊まったことなく、
ほぼ北部九州圏のみで生息していました。



数年前にふと思いつき、
中国地方へドライブ旅行をしたのをきっかけに
今では大型連休毎にどこかへ
出かけるようになりました。



10年前。



本棚にはずらりと漫画本が並んでいました。



今では紙の書籍は大半を
ブックオフで売って、
電子書籍ばっかり買ってます。

iPhoneで読んだり、
iPadで読んだり。



今から約10年前。



前職を辞め、
安かった前職の給料から
さらに安い給料で現職に
転職しました。



今でも手取り額は

ほとんど変わらず。




“収入”という観点から
私の人生グラフを見ると
一生涯、一定ラインを超えないよう
プログラミングされているとしか
思えません。



10年前。



貧乏でした。



今でも貧乏です。




変化と言えば貧乏の内容が若干変わった程度ですか。

昔は借金返済が大半。

今は借金返済と共に
多少は自分のために使えるように
なったくらいです。



10数年前。



毎日のようにイラストを描き
デザインを行っていた頃。

時には手描き、時にはMac。

時には趣味で、日常的には仕事で。



今ではデザインは多少やりますが
イラストを描くなんてことは
年に数回あるかないかくらいになりました。

すでに履歴書の“趣味”の欄に
“イラスト・絵画”と書けなくなりました。





10年経って、

充実した部分もあり、

変わらない部分もあり、

寂しくなった部分もあり。



今から10年後はどうなっているだろう。



願わくば、
今よりさらにさらに充実した日々を
送っているようになっていたいものです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

貧乏人な友人
私は貧乏神に愛された男です。



貧乏神様は
時折手を緩めることもありますが、
決して解放してくれることはなく、
常に一定ラインの貧乏を維持するように
私にちょっかいを掛けてきます。



ただ、
これまでの貧乏人生において
“波”はありました。



最初の記事でも書いてますが、

「少し運気が上昇してきたかな?」

「月々の収支が少し楽になったかな?」


と思う時期もありました。

しかし必ずその直後に、
大きな借金を背負う羽目になります。

それの繰り返しでした。



今、私の貧乏バイオリズムは
“やや楽期”に入っていると思われます。



今年か来年にはまた

貧乏大震災の衝撃が

襲うことでしょう。




いつものことです。



予兆もあります。



さて話は代わって、
私の友人にも貧乏神に愛された青年がいます。



“サブローくん”です(仮名)。



サブローくんはアラフォーです。

アラフィフの私より年下です。

彼もまた貧乏神に愛された人生を送っており、
幼少期からの人一倍の苦労に加え、
今現在も背中に背負った疫病神のせいで
大きな借金を負っています。

彼の貧乏バイオリズムは
今、“底辺期”に近いようです。

かなり追い詰められています。

貧乏道の先駆者で大先輩である私は
彼からの相談をたまに受けます。

貧乏俠客界の仁義として
金を貸したりやったりはしません。



貸す金も無ければ

やる金もありませんし。




先日もサブローくんから
借金問題解決の相談を受けました。

私は私の出来る範囲でアドバイスします。

「どこそこの金融機関が審査甘いよ。」

とか

「まずは疫病神をどうにかしないと。」

とか

「いっそ法的手続きに進んだら?」

とか。



そんな中で、
私が自分の借金人生を振り返り、

まう「私も貧乏神に愛されているからねえ。」

と言うと、
サブローくんが、

サブ「どうしたら抜け出せるんでしょうね?」

とチワワみたいな目で聞くので、
私は何の考えもなしに
ふと、

まう「より強い福の神に愛されるしかないんじゃない?」

と答えました。



普段からそういう風に思っていたワケでもなく
その場で口から出た言葉なのですが、
今、考え直してみると、
意外と真理を突いているような気がします。



ちなみに、
私にとっての福の神である
嫁子ちゃんによる評では、



まうぞうは貧乏神に愛されている人

サブローくんは福の神に嫌われている人



だそうで。



私にはどちらが救いが無いのか分かりません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポーツ
ある日僕は草原を歩いていた。



ここはイーストブルーに浮かぶ
とある大きな島にある草原だ。

僕は普段、狩猟で野山の動物を
獲って生活している。

ここ数日は獲物と遭遇するチャンスが
無かったんでお腹がすいてしまったよ。



しばらく歩いていると
前方の岩の上に野ウサギが
横たわっていた。

「ラッキー!食料だ!」

猛然と走り出した僕は
空腹も忘れ野ウサギへ向かった。

他の猛獣に邪魔されることなく
野ウサギをゲット。



火を熾すのももどかしい、
生でもかまわない。
僕は思い切り野ウサギの肉に
かぶりついた。

「痛っ!」

肉を口にほおばると
かつて経験したことがないような
強烈な激痛が口内を襲った。

「何!!!?」

激しい痛みに悶えながら
かろうじて状況を確認すると、
咀嚼していた肉の中に
クレーン先端のフックみたいな形の鋭い針が付いていて
それの先端が僕の上あごにガッチリと
食い込んでいるらしい。

「痛い!痛い!痛い!」

全く取れない。

よく見ると、
その針からはワイヤーロープが
伸びている。

もがいていると突然強い力で引かれ
僕は為す術も無く引きずられていった。



たぐり寄せられたワイヤーの先には
この島を支配している魚人属の長・アーロンがいた。

ア「はーはっはっは!人間1匹捕獲!」

巨大な手で顔を掴み上げられ
強引に鋭利な針を抜かれた。

「あうっ!」

歯も骨も唇もズタズタだ。

アーロンは無造作に
僕を草地に放り投げた。

ア「ほれ、人間、どこへでも行きやがれ。」

ア「俺は人間と対等にスポーツ狩猟をやってんだ。
  だから無益な殺生はしねえぜ。」


僕はグズグズになった上あごから流れ出る血を
手で押さえながらその場から逃げ出した。

ア「さあ、次の獲物は何だぁ?」



●出演
 ・人間:僕
 ・魚人:アーロン(by ONE PIECE)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



以上、ゲームフィッシングの
キャッチ・アンド・リリースの現場を
人間と魚の立場を逆転してみた
ストーリーです。

「魚の視点から見た魚釣り」
と言えるかもしれません。



スポーツ?

寝言は寝て言え。




食べるために魚を獲るのは
生物学上仕方がありません。

森羅万象が定めた生物が生きる上での
基本要素だからです。

しかし、
娯楽のために魚の命を弄んでおいて
自分はスポーツをやってる気分に浸っている人は
悪趣味なサディストにしか思えません。

ご近所へのお裾分けでもいいから
釣った魚は持ち帰って食べましょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。