貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
熟年婚活
先日、夕方のニュースを見ていたら

“熟年層の婚活”

が特集されていました。



全部見たわけではありませんが
その中で2人の60歳男性が
印象に残りました。



1人目は60歳でもちろん独身。



90代の母親と2人暮らし。

30代の頃、一度結婚して子供もいたそうですが、
離婚し今では全く行き来がないそうです。

さすがに女性とのコンタクトも手慣れた感じで、
婚活パーティー会場ではすぐに
女性との会話に華を咲かせていました。

ただ本人曰く、

「恋愛まではいけるけど結婚前提となると
 必ずそこでつまずいてしまいます。」

とのこと。

彼との結婚=老母の介護

という老老介護が結婚の足かせになるという
厳しい現実です。



私は両親とも故人ですから親の介護の必要がありません。

家族は嫁子ちゃんだけですので、
お互い歳を取って介護が必要になったら
嫁子ちゃんの介護は全身全霊でやるつもりです。

ですからあまりこの方に共感する部分はないのですが、
私の友人・知人には似たような境遇の男性が
ゴロゴロしています。

私と同世代の友人・知人連中は
アラフィフで独身、親の年齢は70代。

今はまだ親もしっかりしており
介護が必要ではありませんし、
生活も問題ありません。

しかし今から10年後、
このテレビの中の人のような境遇に
なってしまう可能性があります。

親も不安でしょう。

ちゃんと正社員で働いている連中は
まだ救いがある方でしょうが。

中には完全なアラフィフニートもいますので、
この先どうなるのでしょう。



テレビで見たもう1人もまた60歳でした。



職業は画家だそうです。

それなりに売れているようで
結構リッチな生活は送れているようでした。

しかしこの方のネックは

“未だかつて恋愛経験無し”

女性と会話の糸口すらつかめない。

相手も中年女性ですから、
よく言えばフレンドリーに・・・
まあオバチャン丸出しで気軽に声を掛けてくれるのですが、
この男性の返事がトンチンカンで、
すぐに会話がストップしてしまいます。

見ていて心が痛くなりました。



私も決して会話上手・恋愛上手というわけではなく
どちらかと言えば人見知りする方なのですが、
それでもここまでの恋愛アレルギー症状は
遙か昔、中学高校の頃まで遡らねば思い出せません。

あちらを立てればこちらが立たず・・・

この方は画家としてそれなりに成功を収めています。

“絵の道オンリーで歩む”

という、昔の私が願い、叶えられなかった人生です。

しかしこの方は女性とのお付き合いを犠牲にして
これまで過ごしてきてあります。

“絵”か“異性”か。



私はどちらが幸か不幸か分かりませんが
とりあえず今の私の人生に感謝しておきましょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
お腹インアウトダイエット
私の通勤は片道約1時間。



愛車レクサス様のお陰で
運転自体は快適で全く苦にならないのですが、
いかんせん毎日2時間の時間が
もったいなく思いました。



テレビやラジオを視聴したりもしますが
面白い番組が無いとつまらない。

CDやDVDも視聴出来ますし
iPhoneのライブラリの膨大な曲もありますが
毎朝毎晩のことですので
なんか億劫になってしまいます。



そこでふと思いついて
最近実践していること。



腹筋運動。



お腹を出したり引っ込めたり。



本当にただの思い付きで、
「運動不足だしこれくらいが丁度いいんじゃない?」
と始めたのですが、
少しずつ効果があるような気がしています。



で、調べてみたら、

「お腹インアウトダイエット」

という名称がある、
れっきとしたダイエット法
らしいですね。



何事も長続きしない私ですが、
これは強制的に拘束される座位タイムに
やるしかない状況ですから
続けていけそうです。

なにより、
毎日2時間の時間が、
有意義な時間になったと思うだけで
健康的な気分になれそうですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

政権交代
毎日毎日毎日、
これでもかと言うくらいに
集中砲火を浴びている
安部政権と与党自民党。

どの問題一つを取っても
昔だったら倒閣に及ぼうかとするくらい
破壊力のあるネタばかり。

「政権支持率が50%を切った!」

なんてマスコミま喜んでますが、
まだ40%以上の支持があるということ。

これだけ偏向報道されて、

野党から言いがかりを付けられて、

テレビしか見ない国民は騙されて、

いるにもかかわらず
未だ半分近い支持率。

安部政権以前は、
そりゃもっと高い支持率の政権もありましたが
おおむね末期には10%台20%台に落ちていました。

それに反比例するように
野党の支持率が上がるのが通例でしたが、
今の野党第一党である民進党の
支持率は言わずもがななざま。

末期症状の麻生政権と、
対する民主党が高支持率だった頃とは
全く様相が違います。

いくら蓮舫や福島がキーキー唸っても
あの夢よもう一度は叶いません。

もうテレビや新聞記事で
モヤモヤするのはやめます。

このまま、
マスコミや野党にとことんまで攻撃され
ボロボロになった政権が、
はたしてどこまでのことをやるか。

改憲までたどり着けるか。

見守りたいと思います。



もし、

仮に、国民がとち狂って、
民進・共産連立政権でも誕生させてしまったら・・・



その時は粛々として受け入れましょう。



韓国・中国の属国となった日本を。

日米安保解消され、
尖閣・竹島は元より対馬・沖縄すら
占領されたさまを。

一旦そうなったら、
その次の政権交代はほぼ不可能になることを。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

デジタルデータ
印刷物を制作するデザイナーとして
お客様と電話で会話している時。



私「写真がちょっと粗いようですが。」

客「粗い?」

私「おそらくネットからお取りになったのでしょうが、
  解像度が低い為、これでは印刷した時に
  ギザギザになってしまいますが。」


客「どれぐらいあればいいんですか?」

私「せめて原寸で100dpi以上あれば・・・」

客「何M(メガ)あればいいの?」

私「ファイル容量では一概に言えないんですが・・・」



こういう会話がしょっちゅうあります。



特にここ数年は、



パソコンの画面や

デジカメの写真が

ドットの集合体という

ことを知らない人が

増えてきました。




まあ、日常的にレタッチソフトでも
使わない限り、拡大して見た
巨大なピクセルの画像なんて
お目にかかれないでしょうからね。



昔、



PC9801の画面表示は640×400、
Macの標準は640×480ドットでした。

さらに昔の8bitパソコンは320×200で
ゲーム画面が構成されてましたから
ドットは見えまくりです。

さらに言うと、
今みたいに千数百万色発色なんて無くて、
8色や16色表示が普通でしたので
より一層ドットが目に付きます。



昔、



CGと言えばグラフィックソフトで
1ドット1ドットマウスで描いていたものです。

さらに昔の時代では
BASICでプログラム書いて、
方眼紙で座標を割り出して
絵を描いていました。



昔、



デジカメ普及の黎明期、
カシオのQV10が爆発的に売れましたが、
画素数で言うなら10万画素。

今の100分の1以下です。

当然、撮影した写真をパソコンの画面で見ても
ドットのギザギザが目立ちます。



昔、



家庭用ワープロが出た当初、
文字は16ドット・24ドット文字が
当たり前でした。

これは印刷する文字の
1文字を横24×縦24の点で
表現したものです。

印刷業界におけるMacの普及で
「アウトラインフォント」「ベクトルフォント」
なんてのが普通に出回りましたが、
昔はギザギザ印刷があたりまえでした。



昔はイヤでもパソコンの入出力は
ドットの集合体ということを
意識せざるを得ませんでした。



今、



画面はRetina。

網膜ですよ。

もはや人の目ではドットは見えません。

デジカメだって画素数が上がり、レンズも進化し、
銀塩写真に劣らない綺麗さです。

プリンターの解像度も千dpi以上になり、
これまた人の目では見えません。

印刷される文字も綺麗な活字のような書体です。



そう、



今の時代に生まれ、IT機器に慣れ親しんだ人たちは、
デジタルというものが“点の集合”“オンとオフ”“0か1”
ということを全く意識しなくていい生活を送っています。



そんな人たちに、

「データが軽い」だの「画素が粗い」だの
言っても全く通じません。



グーグルの画像検索で出てきた写真を
平気でパンフレットの背景に使ってくれと
いう人がいるのも無理も無いことでしょう。



ゲーム画面の中で
超リアルな3D人体を殴りまくってる子供が
実際に生の人間を殴って怒られた時、

「何で怒られるの?」

と反応するのも無理も無いことですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

平穏
徒然なるままに・・・・

何も思い浮かばない男・まうぞうです。



最近、

 仕事量はやや落ち着いて、

 ホワイト企業化し休みが取りやすくなり、

 そこそこ頻繁に小旅行をし、

 日本酒経験値もメタルスライム並に増え、

 新たな居酒屋や飲食店と出逢い、

 借金の返済も滞らず、

 夫婦仲は金婚式超えの老夫婦並に良い、

という日常です。



よくよく考えると

「以外と幸せな日常送ってるな。」

と思ってしまいます。



“ブログ”的には

全くアクセス数が

望めない日常

ですね。




「他人の不幸は蜜の味」

と言いますが、
毎日、これでもかというくらい
自分の不幸自慢をして
アクセス数を稼いでいる人もいます。

そんな「不幸ブログ」の中には
明らかにフィクションだろうという
ブログもあります。

“架空の最悪の状況”を書き連ねてでも
アクセスが欲しいのでしょうか。

私はそこまでしたくありません。



のほほんとした私の最近。



でもまあ、
全て万全かと聞かれると
決してそうではありませんけどね。



 相変わらず貯金無し・資産無し・保険無しで
 将来・老後の生活が全く不透明ですし。

 家と会社の往復と風呂と飯と酒だけの毎日で
 趣味に費やす時間が全く無いのが辛い。

 今の会社の今の職種ではたして
 何歳まで働けるのかが非常に不安です。

 子供も無く、嫁子ちゃんとの2人きりで、
 どっちかがボケたら介護が大変だなあ。

 いつになったらPSVR買えるんだろう。

と、悩みも尽きません。



“不幸”だとは思いませんが“不安”です。



でも、
過去最悪の悩みを抱えていた頃を
マリアナ海溝の底だとすると、
今は大陸棚くらいまでは浮上している感じです。



いつまた

叩き落とされるか

わかりませんけどね。




とりあえず平穏です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。