貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
結愛ちゃん
また痛ましい事件が起こりました。



普通の(と言うと語弊がありますが)
殺人事件でもいやな気分になりますのに、
小さな子供が犠牲になると
とてもいたたまれない気分になります。



全ての子供の命は均しく尊く
虐待の犠牲になった子供達については全てが痛ましく、
虐待した大人達を強く憎むべきなのですが、
今回の結愛ちゃんの事件がより一層辛いのは
結愛ちゃんの切実な苦しみが文字として
残っていたことでしょう。



この小さな身体と幼い歳で
どれだけのストレスと恐怖と悲しみを
感じていたことでしょうか。

読みながらニュースキャスターが涙するのは
今回ばかりは納得できます。



本来、唯一愛情を注いでもらえる対象であるはずの両親、
その両親から受ける日常的な虐待。

まだ自分で「逃げる」という判断さえ出来ない年齢。

「他人に助けを求める」ことすら出来ない環境。



人は「希望」があって「絶望」を感じるのですが、
この子は「希望」が何たるかを知り得ないまま、
「絶望」だけが日常となっていて、それが普通で、
ただその“普通”がとても辛いことだから
お父さんお母さんにお願いしか出来なかった。



辛すぎます。



その昔、刑法には、
“尊属殺人罪”という普通の殺人よりも
刑が重い罪がありました。

通常の殺人罪の刑罰は、
“3年以上~無期懲役または死刑”ですが、
尊属殺人罪は無期懲役または死刑のみでした。

私は切に希望します。

“虐待殺人罪”を新設してほしいです。

刑は無期懲役または死刑のみで。

「殺すつもりはなかった」
という言い訳も通用させません。

今の刑法でも殺すつもりはなくても
「死ぬかもしれない」と思っていれば
“未必の故意”で殺人罪と同等の扱いとなります。

“虐待殺人罪”は
より積極的に“未必の故意”を
認定してもらいたい。

それか、普通の傷害致死罪じゃなくて
“虐待傷害致死罪”も新設してください。

こちらも無期懲役が下限で。



それから、



夫婦同姓なので最初は分かりませんでしたが、
やはり案の定、結愛ちゃんは母親の連れ子でした。

母親が再婚し結愛ちゃんの義父となった男と
新たに子供が生まれたとのこと。

この母親も女であるし一人の人間です。

幸せを追求する権利はありますから
再婚でも何でもするのは自由です。

しかし、女である前に母親である、
結愛ちゃんにとっては唯一の保護者であり味方である
ということを前提に考えてほしかった。

この旦那、2度も傷害容疑で書類送検されてるんですから、
その時に懲役20年くらいくらっていれば、
結愛ちゃんが成長して一人で自立出来るくらいまで
虐待を受けることは無かったのに。



法治国家としてはあるまじきことですが、
この事件だけは人民裁判で裁きたいです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
24時間営業
しばらく前にYahoo!ニュースで読んだのですが、
今年の冬、福井で1mを超える記録的な雪が
何日にも渡って降り積もった時のこと。

某コンビニのオーナーが
さすがに24時間開店しておくのは不可能だと
本部に閉店していいかお伺いを立てたところ
本部は、

「ダメ」

という返事だったそうで。

バイトさんも雪で出勤出来ず、
店にはオーナーと奥さんのみ。

雪かきも大変で、
とうとう奥さんが倒れ救急車で搬送されました。

オーナーさんは店が閉められず、
奥さんの付き添いにすら行けなかったそうです。

ここに至って、
本部に何度も閉店の許可を願い出るも
返事は、

「ダメ」

としか言わない。

窮状を訴えて、
ようやく本部から応援が来て
奥さんの入院した病院に駆けつけましたが、
本部からの応援は4時間足らずで帰ったとのことで
オーナーは再び店に。

結局50時間連続で眠らずに
勤務したそうです。



確かに私たち消費者にとっては
コンビニの24時間営業は有難いものです。

急に必要なものができたり、
夜中に飲食物が欲しくなった時も
とりあえずコンビニに行けば何とかなります。

夜中に長距離運転する私にとっては
コーヒー購入とトイレ利用は欠かせません。

とても感謝しています。



でもさすがに冒頭の福井のケースは
本部の対応が酷すぎやしないでしょうか。

交通がマヒし、
地域の人がコンビニを頼りにする心情をおもんばかり、
オーナーさんも結局店を開け続けたらしいのですが、
さすがに労働環境としては最悪すぎます。

ことは人命に関わります。

ケースバイケースで閉店させるという判断を
本部はすべきだったと思いますね。



そもそも、
ここまでコンビニ全店を24時間に
する必要があるのでしょうかね。

確かに私も夜中に利用することがありますので
大変重宝していますが、
街中であっちもこっちも開いている必要は
無いんじゃないでしょうか?

提案ですが、
通常の小規模店は某コンビニ名が示す通り、
朝の7時から夜の11時くらいまでの営業にし、
地域の中核店だけは店舗の規模もスーパー並に大きくし、
人員も多少多すぎるくらいに配置して
24時間営業にしたらいいんじゃないでしょうか。

私の住む街での話ですが、
某イ○ン系列のスーパーなんかは
24時間営業していて
夜中もそれなりに繁盛しています。



夢を持ってコンビニ経営に乗り出したはいいが
かなりの肉体的・精神的・金銭的負担を強いられる
なんて話もよく聞きますね。



もう少し人の心を持った営業戦略を
展開してもいいんじゃないかな。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ボイコット
私の勤める製造業系の会社で
例え話をしてみましょう。



我が社には

「製造部門(工場)」



「営業部門(事務所)」

があります。



まあ、他にも、
総務や経理などの管理部門もありますが、
主要な部門は上記2つです。



根が製造業ですので
製造部門の方が人員も多いですし
何となく製造部門の方が
発言力が強い気がします。



どこの会社もそうでしょうが、
製造と営業が仲良しなんてことはありません。

製造系は

「俺たちが作らなきゃ売上にならねーぞ」

と思っているし、
営業系は

「俺たちが売って廻らなければ売上にならねーぜ」

と思っています。



部門間でも対立やトラブルは起こりますし、
製造系個人と営業系個人との間でも
さまざまな争いごとが発生します。



しかし、

そこは同じ会社。



作らなければ、

売らなければ、

会社は成り立ちません。

やはり会社のためには一致団結します。



ここからが例え話ですが・・・



営業部門の連中が製造部門のやり方に反発し

「製造部門のやり方が変わるまでは
 俺たちは会社に出社しないぞ!」

とやったらどうなるでしょう?

もちろん製造部門のトップと
営業部門のトップは話し合いますし、
経営陣も間に入って改善を試みます。

しかし、

営業部門の言い分があまりにも理不尽だったり
何度も何度も仕事をボイコットするようになると
どうなるか・・・



確実に

営業部門の人は

処分されます。




注意・訓告・戒告・減給・降格・停職と
色々とあります。

最悪の場合は懲戒免職もありえます。



パワハラの被害などが理由の場合は別ですが、
上司や会社が納得出来ない理由での職場放棄は
立派な背信行為ですから処分されます。

そうしないと会社が成り立たないからです。

会社が成り立たないと他の従業員も
お給料がもらえませんから
生活が出来ません。

経営者も平社員も一緒です。

呉越同舟で頑張らざるをえません。



これが“普通”の一般的な企業です。



これと同じこと、

職場放棄を

偉そうな態度で

堂々とやってるのが

今の国会の野党です。




はっきり言って
知能が子供以下で
思考は人間以下の連中です。

あまりにもバカすぎるのは、
自分たちで提出した法案の審議すら
ボイコットするバカっぷり。



もう一度言いますが、
社員が職場放棄をすれば
会社が潰れます。

国会議員が職場放棄すれば
本来なら国が潰れると言っても
過言ではない事態なのです。



いいですね、

野党の連中は、

所属企業(国)は

潰れないし

給料ももらえて

処分も無くて。




いいご身分だ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

「胸触っていい?」
「胸触っていい?」



私がこの言葉を言うシチュエーションを
考えてみました。



幼稚園児の時だったら、
相手の性別問わずに言ってた
かもしれません。



大人になった現在はどうか。



スナックに行って、
美人で巨乳なお姉さんから、

「ねえ、ボトル空けてくれた上に、
 『胸触っていい?』って言ってくれたら
 私の胸触っていいよ。」


と言われたら言うかもしれません。

相当に勇気が入りますが。



逆に言うと、
そういう機会でも無い限り、
たとえ恋人や奥さんに対してでも
私は言えないでしょう。

私は恥ずかしがり屋の臆病者の小心者です。



そういう言葉を誰彼かまわず言うと

“セクハラ”

になります。



今回の財務省事務次官の問題。



普段からセクハラ的な言動が多かった人のようですから
正真正銘のセクハラの可能性が高いのかもしれません。

ただ、上記の私の仮想スナックでの会話のような
そんなシチュエーションであればセクハラではありません。

相手は己の“女”を商品として仕事をするプロです。

プロの仕事は尊重せねばなりません。

お客さんも対価を払って会話やお酒を楽しむものです。



では、相手がマスコミの記者だったらどうでしょう。



私は2つのパターンが考えられると思います。



一つは、
女性記者本人が本人の確固たる意思で
己の“色気”を武器にして取材をしようとした場合。

これはセクハラではないと思います。

記者が取材するにあたって、
“色気”に限らず“知識”や“人柄”、“金”“進物”
何でも武器にするのはプロの仕事だと思います。



しかしもう一つのパターン。

ほんの少しでも女性記者本人の意思にそぐわない場合であれば
セクハラになると思います。

女性記者本人の意思に反して卑猥な言葉が言われる可能性・・・

・事務次官からどうしてもニュースを取りたくて耐えていた場合

・テレビ局の上司から無理矢理色仕掛けを強要された場合

・上司から強要までされずともいやがっていたのに
 会社が何の対応もしてくれなかった場合

など。

これらだとセクハラになると思います。

たとえ今回の問題の根底にマスコミのハニトラ要素が
あったとしてもセクハラだと言わざるをえません。



普段からそういう卑猥な言葉を言わない人物であれば
よほどのことが無い限り言わないでしょう。

普段から軽はずみに言ってしまう人物であったからこそ
ここまで悪人に祭り上げられてしまったのです。



ただし、音源が全部公開されていませんから、
全ての可能性を否定してはいけません。

もし、仮に上記の私の仮想スナック的な状態であったとしたら

“冤罪”

だと思いますから。



以上が、

“今現在までの”

私の考えです。



で、



それとは全然別次元の話として感じたのですが。



今日の野党6党の

“MeTooごっこで財務省押しかけ騒ぎ”

のニュースを見て、


金輪際、

野党に政権は

渡らないと

確信しました。




バカすぎます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

国難
この間まで、

「森友がー!アベがー!」

と騒いでいた野党とマスコミが
一斉に、

「加計がー!アベがー!」

に変わりましたね。



まるで魔法でも見せられてるかのよう。

“世論の神様”なんてのがいて、

「次のお題はこちら!」

と誘導してるかのようです。



去年はある程度は楽観視してましたし、
野党やマスコミへの怒りが湧いていましたが、
今に至っては怖さの方が強いです。



このまま行くと、
慰安婦問題と同じ道を
たどりそうです。



従来の日本人的な感覚では、

「真実は一つ」

「見てる人は見てる」

「真心は通じる」

「お天道様は見てらっしゃる」

という性善説的な想いを抱きがちですが、
慰安婦問題に関する韓国人的な思考は、

「大きな声で泣くとお菓子を多くもらえる」

という韓国の諺そのままの流れです。



つまり、

「真実はどうでもいい」

「嘘も百回言えば本当になる」

「とにかく安倍政権打倒」

「改憲阻止」

という大きな波が
日本国中を飲み込もうと
している気がします。



仮に自民党政権が倒れて
経済が、外交が、国防がどうなるのか、
考えが及んでないような。



でも、不思議なこともあります。



なぜ政権側はなすがままで
サンドバッグになってるのかな?

もしかして野党やマスコミすら
対応・操作ができないほど
日本の権力基盤は惰弱なのかな。

ネットですら騒がれている
野党の違法行為や犯罪行為を
攻撃することは難しいんで
しょうかね。



たぶん安倍首相の関与はあったし、
官僚の忖度もあったし、
昭恵夫人の社交的お付き合いもあったでしょう。

でも、それが違法でないなら
堂々と言えばいいのではないのか・・・

それが通用しないのが
半島的思考でしたね。



日本の国難はまだまだ続きそうです。



あ、国難と言っても、
野党の言う安倍独裁政治が
国難ではありませんよ。

安倍政権の存続危機をあおる
世論が国難です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。