fc2ブログ
貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
フライドプライド
私の好きな・・・

歌手?

アーティスト?

何と呼んでいいのかな・・・

に、


「フライドプライド」


という2人組がいます。



・・・私、芸能界には超疎いもので、

何と呼称してよいのか判らないんですが。



古い人間な上に
芸能界とは無縁のオタク人生でしたから。



私が子供の頃に
テレビのブラウン管の中で歌っていたのは、

歌手



シンガーソングライター(古!)

でした。



“アーティスト”

と聞くと

“彫刻家”とか“画家”を

想像してしまいます。




とにかく、
その2人組のユニット(?)なんですが、
いろいろな人の歌をカバーしていて、
私がはじめて聴いたのは
マイケル・ジャクソンの「BAD」でした。

ボーカルの女性の歌声も独特な感じですし、
ギターの男性のテクニックも絶品です。



YouTubeでも見れますので
機会がありましたら是非
ご覧ください。



かっこいいですよ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト



「Dr.倫太郎」第7話と憑き物落とし
昨日見たテレビ番組。





漫画家の赤塚不二夫さんを特集したテレビ番組で、
赤塚不二夫さんの漫画「天才バカボン」の
キャラクター「バカボンのパパ」の決めセリフ、

「これでいいのだ。」

このセリフについてタモリさんが、

「これは世の中の全ての事象を包括した
 絶対的な肯定の言葉だ。」

とおっしゃっていたそうです。





「Dr.倫太郎」のドラマの中で、
倫太郎先生は絶対に相手を否定しません。

全てを受け入れ肯定します。



心に傷をおった人は
否定や激励が欲しいわけではないんです。

何よりもまず

「自分は生きてていいんだ。」

という根源的な肯定の言葉が欲しいんです。



「自分は存在しててもいいんだ。」

「自分はこのままでいいんだ。」

「自分を受け入れてくれる人がいるんだ。」


そういう感情を感じたい。


「頑張って。」

じゃなくて、

「頑張ってるね。」

と認めてもらいたいんです。



ドラマの端々から
そういう魂の叫びみたいなものが
にじみ出ていて、
とても心穏やかに観れるものではありません。

でも最後まで観ちゃいますけどね。



今回は内田有紀さんが準主役でしたね。

来週は松重豊さんのようで。

こうして一人ずつ
憑き物落としがされていくのかな?

最後は蒼井優さんか、
倫太郎先生自身の除霊になるのでしょうね。


不安を抱きながら
楽しみに観てゆきます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。