貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
見たくないもの
見たくないもの。



●ボーイズラブを愛読するエメラルダス



●黒の組織の首領が実は元太



●タイマンでフリーザをあしらうヤムチャ



●縁日の射的で百発百中のゴルゴ13(←実はある)



●いじめっ子の幕ノ内一歩



●海原雄山のVサイン



●「暗いよー恐いよー」と泣き叫ぶケンシロウ



●「園児・島耕作」



●ヴィンランドに平和の国を作ろうとするモンキー・D・ルフィ



●劇団四季「紅天女」



●異種格闘技戦「イデオン vs ボトムズ」



●「サラリーマン金太郎」をテキストにするビジネススクール



●藤子不二雄A著「ドラえもんリターンズ」



●小林よしのりが出ていない小林漫画



●「ナニワ金融道」並に富野監督死後にも続くガンダム



●佐賀県警特殊車両二課パトロールレイバー中隊



●「続・めぞん一刻」



●「ほこ×たて」新勝負!製本機 vs 京極夏彦新刊!



●原作:吉川英治・横山光輝 主演:「蒼天航路」の諸葛孔明



●三木谷・堀江・孫のコントIT赤信号



以上。



中には見てみたいものもあるな。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

家計簿とローンリスト
財布の中に紙幣が無い男・まうぞうです。



たぶん最近の小学生よりも貧乏です。



私、これでもA型なので、
たまに几帳面な性格が出るのですが、
実は“家計簿”を付けています。



家計簿と言っても、
ジャンルや項目別に区分けしたり
分析しているわけではありません。

光熱費関連は銀行引き落としなので
家計簿とは別の銀行口座入出金管理
ファイルで管理しています。



“ローンリスト”

というエクセルファイルも

あります。




見てると泣けてきます。

記録に残るだけでも1990年代後半から
借金が消えた事はありません。



さて、
私の家計簿の構成は、
市販の出納帳と同じフォーマットを
エクセルで作り、
「収入」「支出」の全ての項目を
入力していっているだけのものです。

単純に財布の中の現金の出入を
追えるようにしているだけです。

休みの日に行楽に行ったりすると
「支出」の項目が増えます。

銀行からお金を下ろしたり、
アコム様や銀行様から借りたりすると
「収入」の項目となります。



悲しいのは~

 平日の「支出」項目が0で、
 日曜と翌週日曜の「支出」項目が
 くっついて並ぶこと~


悲しいのは~

 残高がここ1週間くらい
 3桁しかないこと~


そしてもっと悲しいのは~

 「収入」で10,000円増えても
 出所はカードローンからの借入金で
 ローンリストの残高も増えること~



家計簿にもローンリストにも
真っ暗な将来しか見えません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

私は農耕馬
私は農耕馬。



老いた農耕馬。



昨日はたいやきでしたが。



サラブレッド達は
至れり尽くせりの厩舎に住んで、
ふかふかの寝床でくつろいで、
ひと度レース場に出れば
大歓声の中颯爽と駆け抜ける。



農耕馬は暗く寒い厩舎の中で
量だけは十分な餌を与えられ、
夜明けから日没までひたすら
重量級の農耕具を引く。



ほんとに私は

老いた農耕馬ですよ。




馬車馬の方がまだエレガントで
いい生活をしているんじゃ
ないんでしょうか?

“工場”という“農場”で働く
“工員”という名の“農耕馬”。

本物の農耕馬はまだしも餌は
十二分に与えられているでしょうが、
工員たる私に与えられる“給料”という名の餌は
とてもお腹いっぱいになる量はありません。

私は栄養失調で畑に出される
絶望的な農耕馬です。



工場での作業は軽作業から
重労働・肉体労働まで様々です。



中でもきついのが
重量物の運搬。

約40kgのものを1人で、
約80kgのものを2人で。

ハンドリフトなんて便利なものは無く、
全て2本の手で持ち上げます。



余裕で死ねます。



20代から30代の体育会系の連中は
難なくこなしています。

しかし私はすでにアラフィフ。

その上、根が文系。

体力も無ければ腕力も無い。

何より気力が無い。



非常に辛いです。



この作業がある限り
この職場はいずれ去らざるを
えないでしょう。



農作業から引退して、
阿蘇の草千里で観光客相手の
乗馬体験馬として余生を
送ってるお馬さんみたいに
私はなりたい。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

およげたいやきくん
毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれて
いやになっちゃう気分の男・まうぞうです。



幼い頃、

「およげたいやきくん」

の歌詞の意味や
なぜこれがサラリーマン世代に
爆発的なヒットに繋がったのかも
全く理解出来ませんでした。



しかし、今や私も

立派なたいやき。




店のおじさんとケンカも出来ず、
海へ飛び込むことも出来ない、
少し焦げのあるたいやきです。

あの切ない曲調と気だるくハリのある声で歌われる
奴隷階級の悲哀が今はよく分かります。



「やっぱり僕はたいやきさ。」



この一言に集約されています。

所詮、たいやきはたいやき。

美味そうに食べられる運命なんです。



一度海水に浸かって
ふやけたたいやきなんか
とても食えたもんじゃないと
子供心には不思議な気分でした。

まあ、味はともかく。

現在、一匹のたいやきと化した私は、
蕭々としておじさんに食べられてゆく
たいやきくんの刹那的な気分が
痛いほどよく分かります。



私はたいやき。



毎日毎日焼かれて
食べられる日を待つ身です。



ちなみに、



私が好きなのは黒あんです。



もうしばらくたいやきなんか
食べていませんが。



今日も明日も鉄板の上でジュージュー
やられる日々です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

大市民
柳沢きみおさんの漫画、

「大市民・最終章」

を読んで感慨に耽った男・まうぞうです。



作者である柳沢さんの
ほぼ日常を漫画に置き換えたような
エッセイ的漫画です。



この「大市民」シリーズとも
長い付き合いになりました。

掲載誌が変わったり、
書き下ろしになったり。

コミックのシリーズも
何種類かに別れていますが
同じ主人公の日常漫画として
続いてきました。

連載当初は40代中頃だった主人公が、
最終章では67歳。

当然ながら作者の柳沢きみおさんも
67歳になられたということです。



ビールや主人公の手料理、いえろいろな飲食店、
車やバイクなどに対するこだわりが随所に描かれており、
また時事ネタを元に批判・批評することもあります。

はっきり言って「?」と思うような
主義主張もありますが、
一貫した「昭和の頑固オヤジ」的な
何とも言えない魅力があります。



柳沢さんは売れっ子の漫画家ですから、
一般人に比べたらはるかに裕福な方で、
趣味に掛ける金額も半端ありません。

それでいて
本宅とは別のボロアパートを仕事場にしていたり、
ふらっと旅に出たり、
なじみの店を堪能する自由奔放なライフスタイルは
私の憧れそのものでした。

“大”市民ならぬ“小”市民たる我々は、
日々の糧に追われ、
とてもそういう風雅で優雅な生活を
送れるわけはありませんですが。



この漫画で教わったことと言えば、

・白菜鍋

・寿司屋では隠語は使わない

・カツ丼のカツは薄い肉に限る

というようなささやかなことが多いのですが、
そういう個別的なことよりも、
主人公=作者の生き様そのものが
私にとっての人生のお手本と言えるような
そんなバイブル的漫画です。



連載が始まった当初の主人公=作者の
年齢が40代半ば。

今の私の年齢と同じ年代です。

これから先、
私が60代半ばになるまでに、
少しでも作中の主人公のような
悠々自適な人生を送れるように
なりたいもんです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

フランスでのテロ
フランスでのテロ。



亡くなられた方へ
お悔やみを申し上げると共に
テロに対する強い憤りを
感じずにはいられません。



宗教って恐いですね。



本来宗教って、
いろんな宗教宗派を超えて、
“人類”の救世、“魂”の浄化、など、
排他的な“殺人”“テロ”とは無縁の存在な
はずなんでしょうけどね。

どこをどう解釈したら、

“他の神を信じるヤツは殺しても可”

なんてことになるのか。

私も専門家でもありませんから
詳しい事はわかりませんが、
無差別な殺人が“悪”だということくらいは
断固として主張できます。



その昔、日本の宗教もそうでした。

排他的で戦争も辞さない
戦闘集団です。

白河法王が嘆いた山法師は
叡山の僧兵のことでしたし
戦国時代、信長の最大の敵は
本願寺でした。

略奪も強盗も殺人も何でもあり。

それこそゲリラ戦からテロまで行う
今のISと何ら変わらない武装集団でした。



それを、
信長・秀吉・徳川のトリプルコンボで
徹底的に武装解除し骨抜きしたお陰で
今の庶民に根ざした“お寺さん”に
なったわけです。

信長の徹底した弾圧、

秀吉の殺伐とした世相を
根本から変える刀狩り、

そして徳川幕府の諸宗寺院法度と
生類憐みの令。

これらは日本国内の、
それも仏教勢力に限った成功例ですから、
一概に比較できるわけではありませんが、
この故事に則った場合、
アメリカ主導の懲罰的戦争行為も
対策としては効果的なのかもしれません。

その後のケアが重要なんでしょうけどね。



いずれにしても
二度とこのような悲惨なテロが
起きないことを祈るばかりです。

街を歩くのに
テロに怯えていかなくちゃいけないなんて
そんな殺伐とした世界が天国に近い
わけはありません。



悲しいですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

マイナス感情
私は小心者です。

“気が弱い”

と言ってもいいかと思います。



ですから、
日常生活の中で負の感情
表に出すことは苦手です。

“怒り”“憎しみ”
“悲しみ”“妬み”など。

同じような意味で、

“説得”“交渉”も苦手です。



小売店店頭での値切りは

私の苦手行為ランキング

ベスト3に入っています。




とにかく相手に対して
強く自分の主張を表現することに
とても恐怖を感じます。

ですから普段から私は、
他人から見て、

“良くてお調子者”

“斜めから見ると孤立した変わり者”

“大半の人からすると「その他大勢」の一人”

程度の薄~い存在に見えるよう
心がけているつもりです。



それが、
ブログ上では自分へのリミッターが外れ
奥底に沈めた荒ぶる本心の赴くままに
負の感情を迸らせることができます。

これは“ネット”という特殊環境のお陰でしょう。

気に入らない相手に「バカ!」と言える自分。

憎らしい相手に「タヒんでしまえ!」と言える自分。

リアルな世界では決して言えないことが
ブログ上では言うことができます。



しかし、
ここでふと、
思いとどまります。

ネットという、
直接相見えない相手に対してだから
私の負の感情も好きなだけ言える。

でも、

“不特定多数の赤の他人相手”

ということは、
リアルに置き換えてみれば、
例えば、

“街中で他人に対して
 自分の負の感情をさらけ出している”

ことに他なりません。

本来の小心者の自分が想像すると
とても出来ることではありません。

“ネットだから”と安易に強気になった
気分になっても実は錯覚しているだけで、
リアルな世界で、向こうが見えない紙一枚を隔てて、
強面のヤクザに対して悪口を言っているような“恐怖”を
常に持っておかなければならないと思い至ります。



そこで私はブログで負の感情を表現するにあたり
一つだけ心に決めたことがあります。



それは、



ほんの一瞬でも、一かけらでもいいから、

「クスッ」

っと笑ってもらえるような表現を心がけること。



私はブログの中で、
いやな上司に対して「コ○してやろうか!」とか、
政治家相手に「バカ」だの「アホ」だの
好き放題の罵詈雑言を言ってます。

ですが、汚い言葉だけだったら、
読む人が後味が悪いような気がしますから、
爽やかさや気持ちよさ、
三枚目な面白さなど何でもいいから、
読み終えた人が

「うん、今日も面白かった。」

と思って頂ければ
負の感情も少しは和らぐのではないか
と勝手に思っております。



P.S



店頭での値切交渉は

嫁子ちゃんは天才です。




FBIのネゴシエータークラスだと思われます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

貧乏神様、活動期!
またまた貧乏神様
蠢動をはじめようとしています。



嫁子ちゃんの勤める会社が
かなりブラックで、
辞めるかもしれません。



先越されるか・・・



今の我が家の家計状態では
嫁子ちゃんの収入が無くなると
即破産街道まっしぐらです。

ですので是非とも次の職を
見つけてもらわねばなりません。



しかし転職活動となると
その間の生活費が大変です。

現職在職中に次が決まればいいのですが、
職場のブラッキィーな感じを聞くにつけ、
少しでも早く退職を決断させた方が
良いように思われます。

嫁子ちゃんまで適応障害に
させるわけにはいきませんからね。

そこで、嫁子ちゃんが現職を辞めて、
次の職が決まるまでの間の生活費を
何とか捻出しなくてはなりません。



こう来たか、

貧乏神様!




私・まうぞうの仕事は低収入・劣悪待遇ですが、
今の所、超絶ストレス対象の上司が近くにおらず、
とりあえず底辺なりに“安定”しており、
このまま行けるかと思っていたんですが・・・



甘かった!



貯金できるほど裕福な暮らしは
とっくの昔に諦めていますが、
せめてこれ以上借金を増やすことは
やめてください!
貧乏神様!

切なる願いです。

ダンディな紳士になれなくてもいいですから
公園のベンチで好々爺を演じられるくらいには
安定した老後が欲しいです(泣)。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

身バレ用心
例えば、
仕事上で腹立たしいことがあり、
それをブログにぶちまけようとすると、
それはもう筆・・・タイプも
滑らかになります。



あんなパワハラ上司や

こんなイヤミ上司に対する

呪詛の言葉が後から後から

溢れ出してきます。




気分はイケイケです。



そんな時には
「いつでも辞めてやらあ!」という
気分で書いていますので
怖いもの知らずです。



同じように、
過去の強敵達について書く時もそうです。



超イケイケです。



貧乏神様の手先として
私の貧乏進化を加速させてきた
悪魔どもについて書くわけですから、
それはもう、
気持ちはタイムスリップして、
リアルタイムの戦闘現場にいるかのように
憎しみの単語を連ねます。



そんな、
仕事や敵に対しての攻撃記事を書いている時は
勢いに乗ってますから、
口が軽くなっておりますので、
結構具体的な内容も書いたりしてます。

後になって、

「え?俺よ、ここまで書いて大丈夫か?」

と思うこともあります。



一応、書いてる時は、
注意を払っているつもりですが、
後で冷静になると
やや焦る時もあります。

「むう、このブログがバレたら
 辞める前に辞めさせられるかな?」


的な。



ただ、基本的に、
私は自分の過去記事を
あまり読みませんので、
どこにどんな地雷を埋めたか、
記憶も曖昧です。



すでに記事の総数も
400本になろうかとしています。

何を書いたのかさえ
あやふやな部分もあります。

もしかしたら、
何度も同じ内容を書いているかも
しれません。



最初の記事から読んで頂いている
とてもありがたいお客様へ、

そんな重複内容を発見したら
温かく見守ってください。



「自分のことか?」

と思った敵方達へ、


そーだよ、

おめーのことだよ!




まあ、
これは私だけの考えなんですが、
ブログなんてものは
一旦、世に出したら、
すでに読者様のものだと
思っています。

ですから、
何か事情がない限り
後から消したり、
記事の内容が変わるような改変は
加えたくありません。

読みやすいように言い回しを変えたり、
誤字脱字に気づいて直したり、
「はじめに」記事や「プロフィール」を
より充実させるよう補強したりは
しますけどね。

それも稀にですが。



やはり、
記事を書いた時の勢いや熱い緊張感は
残しておきたいですからね。



このブログは、
私の黒歴史を記したロゼッタストーンであり、
荒ぶる獣性の咆哮の場であり、
魂を浄化させ解脱に至るまでの兜率天
のような場所なんです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

若さに嫉妬
会社には10歳下、20歳下の
若い世代が沢山います。



40代後半の私にとっては
年下の同僚からの、

「僕、35歳です。」

という言葉を聞くだけで
羨望の対象です。

「貯金1億円突破しました♪」

と言われるのと同じか、
ある意味、それ以上に
羨ましく思います。



中には、

「28歳です。いやーもうおっさんですよぉ。」

なんて事を言うヤツがいますが、
立派に殺意の対象です。



ケンカ売っとんのか!

ワレ!




もしも池から神様が現れて、

「まうぞうよ、
 今から、アラブの石油王にしてやろう。」


または、

「まうぞうよ、
 20代前半の年齢に戻してやろう。」


と言われたら、
迷わず20代前半の肉体を
選びます。

金の斧よりも若さです。

それほどまでに40代後半という
年齢に対する焦りは酷いものです。



人生の成功度の目安として
思いつくものと言えば
何があるでしょう。

・就職先(仕事)

・結婚

・子供

・マイホーム

・貯金・資産

こんなもんですか。

すいませんね、
小市民的発想で。

これらを手に入れられる可能性が
歳とともにどんどん低くなっていきます。



私はしょぼい仕事と愛する嫁さんは
なんとか手に入れることが出来ましたが、
子供はもう諦めています。

家のローンもこの歳からでは無理です。

貯金?資産?・・・私に聞きますか(血涙)。



もし自分が今20代前半だったら。



無理してローン組んで
家を買うことでしょう。

貯金もしたいですし
投資もしたいですね。

子供も何人か欲しい。

これらを全てを叶えようとすると
結構な収入が必要です。

結局、
いい学校でていい会社や役所に
就職するところから始めなくては
なりません。

20代前半どころか
小学生まで戻ってやり直さなくちゃ
いけませんね、これは。



最終的に生まれ・血筋・家庭環境の
問題に行き着きます。



でも、
神様に願いが叶うなら、
貧乏で底辺でもいいから
もう一度若い頃に戻ってみたいですね。



とりあえず、
そんな自分に戒めの言葉。



たとえば今、

自分が60歳だとしたら

40代の人を羨むだろ。




そう思えばまだまだ
自分は若いし未来は長い。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。