貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
およげたいやきくん
毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれて
いやになっちゃう気分の男・まうぞうです。



幼い頃、

「およげたいやきくん」

の歌詞の意味や
なぜこれがサラリーマン世代に
爆発的なヒットに繋がったのかも
全く理解出来ませんでした。



しかし、今や私も

立派なたいやき。




店のおじさんとケンカも出来ず、
海へ飛び込むことも出来ない、
少し焦げのあるたいやきです。

あの切ない曲調と気だるくハリのある声で歌われる
奴隷階級の悲哀が今はよく分かります。



「やっぱり僕はたいやきさ。」



この一言に集約されています。

所詮、たいやきはたいやき。

美味そうに食べられる運命なんです。



一度海水に浸かって
ふやけたたいやきなんか
とても食えたもんじゃないと
子供心には不思議な気分でした。

まあ、味はともかく。

現在、一匹のたいやきと化した私は、
蕭々としておじさんに食べられてゆく
たいやきくんの刹那的な気分が
痛いほどよく分かります。



私はたいやき。



毎日毎日焼かれて
食べられる日を待つ身です。



ちなみに、



私が好きなのは黒あんです。



もうしばらくたいやきなんか
食べていませんが。



今日も明日も鉄板の上でジュージュー
やられる日々です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト