貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
トラウマその2(※閲覧注意です。)
※今回は衝撃的内容は含まれます。
 不快な思いをされる可能性がありますのでご注意ください。
 刺激に弱い方はお読みにならないでください。






私のトラウマ
                1年2組 まうぞう



●小学生の時、軽い虐めに合っていた際、
 教室のドアを明けた時、偶然、目の前にいた女子が
 私と目が合って「ギャーー」と叫んだこと。


 私へのいじめは、暴力や嫌がらせはなかったのですが、
 何かバイ菌的な扱いを受けた時期がありました。
 小学生時のほんの1~2年の間でしたが。

 子供心にひどく傷ついたものです。



●漫画

 「ブラックジャック」第17話「灰色の館」に出てきた
 全身火傷を負ったキャラクターの登場シーン。

 かざま鋭二・梶原一騎著「青春山脈」での
 原子爆弾被災のシーン。

 いずれも酷く記憶に焼き付けられて
 そのページは長らく素通りしていました。



●初詣の時に酔っ払いオヤジに絡まれたこと。

 ぎゅぎゅうに混み合っている中、
 タバコを吸いながら絡んできたオヤジ。
 こっちも若かったせいか言い合いになりました。
 暴力沙汰にはなりませんでしたが、
 初めての経験でしたので強烈な記憶が残っています。

 たしか、近くにいた恰幅のいいおっちゃんの仲裁で
 事なきを得た記憶があります。

 今でも思い出すとモヤモヤします。

 他人とのケンカやトラブルとあまり縁が無い人間ですので、
 逆にそういう事態になると加減が分かりません。



●初めての○○でうまくいかなかったこと。



 まあ、若かったですから。

 経験なかったですから。




 しかし、匿名ブログとはいえ
 ここまで恥部を晒すのも辛いですね。



●会社の宴会で自己紹介した時、
 しらーーーっとした空気が流れたこと。


 これはこの時に限らず、
 これまで色々なシーンで経験してきました。

 自分の発言、しかも面白げに
 喋ったつもりの発言が全くヒットせず、
 冷た~い、どうしようもないような
 空気が流れるのが耐えられません。

 今では無難に、何の変哲もない言葉で、
 さらーーーっと逃げるように語ることを
 心がけています。



●庭の柿の木からぶらさがった父親を見たこと。

 これは以前、「トラウマその1」で書きましたね。

 そりゃトラウマにもなる光景でしょうね。

 父に関しては他にもトラウマがありました。

 病気療養の末期、介護用のオムツをされた
 弱々しい姿もトラウマです。
 まだ50代半ばだったのに。

 「病気療養」「介護」と聞くと
 父に同情して頂ける方もいらっしゃる
 かもしれませんが、実のところ、
 病気の内容は、糖尿病のくせに酒と甘い物を
 やめられなかったという自業自得です。



●母親から包丁突きつけられたこと。

 飲んだくれは本当に始末に負えません。

 ただでさえキチガイな親が
 酔った勢いで何をしでかすかわかりませんから。

 自分が「さあ寝よう」と床に着いても
 「火でも着けるんじゃないか・・・」
 と不安で、ずーっと聞き耳を立てていたものです。



他にも、
心の奥底にトゲのように刺さっている、
イヤなトラウマ的な記憶がいくつかあります。

人間関係や状況の背景をいちいち説明するのが
大変ですので簡単には書けませんが、
深海に降り積もったプランクトンのように
蓄積されながら、私の心をねじ曲げています。

やだやだ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト