貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
工事現場事故
また痛ましい事故が起きました。

東京都港区六本木のビル工事現場で
足場用の鉄パイプが落下して
お年寄りが一人亡くなりました。

とても仲の良かったご夫婦だそうで、
二人で歩いていた時に突然襲った悲劇。

残された奥様の心情を思うと
とてもいたたまれない気持ちになります。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



で、



建設現場の仮設足場。



私、仕事の端っこの方で若干
建設工事現場に係わることがありますので、
足場の組立や解体現場に立ち会ったことが
あります。



足場作業に限らず、
工事現場は安全第一が基本です。

大手ゼネコンは、
それこそ厳重なマニュアル作ったり
安全大会や啓発活動を行って
安全確保に気を遣っていることでしょう。



しかし、

実際に工事現場で作業にあたるのは
孫請けの孫請けのひ孫請けの、
いっそ



“子孫請け”



と呼んでもいいくらい下層の
下請け企業の職人です。



実際、私も目にしましたが、
いい加減な連中はかなりいい加減です。


安全ベルトも無し。

ヘルメットも無し。

パーツを解体して下ろすのに
声掛けも無し。

あまつさえ、
十数mの高さから投げ下ろしてます。


ちょっと手が滑ったら落ちます。



今回の事故は、
全国の工事現場で日常的に行われている

“危険な”

“法令違反的な”

作業の中での

“よくあるミス”

の際に

“とても運悪く”

パイプが落ちた先に
人の頭部があったという
何重もの偶然が重なって起きた悲劇です。



逆に言うと、
このまま適当作業を野放しにしておけば
第2第3の事故が起きる可能性があります。



車の運転もそうですが、
人がちゃんと決められたルールを守って事に当たれば
事故の確率は限りなく低くなるはずです。

ゼロには出来ないかもしれませんが、
もう二度と起こってほしくない事故です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト