貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
危険運転致死
北海道砂川市で昨年6月におきた
交通事故の裁判で被告二人が起訴の内容を
一部否認したそうです。



2人のバカが一般公道上でレースをし、
時速100~150kmで赤信号に突入し、
交差点内で青信号側の乗用車に衝突、
4人が死亡した事故です。

1台目が乗用車に衝突し、
2台目が投げ出された人をひき
そのまま逃走したそうです。

検察は危険運転罪で起訴。



弁護士の言い分は想像通りと言いますか、

・交差点進入時に赤信号を無視した事実はない

・2人の共謀罪も成立しない

・人をひいた認識がなかったためひき逃げではない

だそうです。



何度も繰り返される悲惨な交通事故。



不測の事態の事故ならまだしも、
クスリや飲酒、過度の睡眠不足、
そして今回のようなバカ運転による事故など
本人が意識的に起こしたような事故には
今の道交法では甘すぎると
言わざるをえません。

起訴時に適用が難しい上に
弁護側は必ず否認し、
最高刑が下ってもたかだか懲役15年の
危険運転致死罪なんか甘々です。



“未必の故意”

を認めて、

“殺人運転罪”

を創設して欲しい。



最高刑は極刑です。



ベースが“交通事故”の殺人罪ですから、
実際の裁判で極刑の適用は難しいかもしれませんが、
それでも無期懲役が科せられるだけでも
どれだけ社会のためになるか。

被害者や遺族の無念を万分の一でも
晴らせるかもしれません。



今この文章を書いているのは
匿名庶民の零細ブログですので、
上記のような新罪創設は
荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、
仮に、
冷静に、現実的に、考えたとしても、

・一般道で時速100km以上で暴走し

・赤信号も完全に無視

・出会い頭に衝突の可能性がある

・向こうの横っ腹にこの速度で突っ込んだら
 ほぼ確実に運転手は死ぬ

ということはバカでも想像つくはずです。

むしろ、
この程度のことが想定出来ないような超バカには
そもそも免許証を交付してはいけません。

上記のような思考過程を経たら
現行刑法においても
十分に“未必の故意”による
殺人罪を適用してもいいと
思いますが。



一億歩、
いや一兆歩譲って、
このバカどものレース願望を理解できたとしても、
せめて、赤信号や対向車のない
高速道路でレースをやるということを
思いつかなかったのか。

救いようのないバカです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト