貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
私の日本酒原器
■■ 「日本酒原器」について ■■

「日本酒原器」とは。

大の日本酒好きで漫画家の
須賀原洋行さんが作った造語で、
(自分の中での)日本酒の旨さの
基準となる日本酒のことを言う言葉です。

過去、最も美味しかった酒を「日本酒原器」と認定し
それを秤としてその他の日本酒の旨さを計ります。

「この酒は原器に90%くらい近づいている。」

「この酒は原器を超えたか?」


というような使い方をされてます。



「原器」の語源は。

長さの基準となる
「メートル原器」から来ています。

今の1mの基準である
「1秒の 299792458 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離」
が策定される前、国際的な基準として
「これが1mの長さですよ。」
という原型として作られた金属棒が
「メートル原器」と呼ばれるものでした。



■■ 私の好みの傾向 ■■

私の勝手な解釈ですが、
大別すると日本酒には、

・1:フルーティな感じの吟醸酒系

・2:堅い感じの純米酒系

・3:冷ややお燗にすればいい感じになる本醸造系

・4:混ぜ物多いベタベタした日本酒もどき


があると思っています。

私が好きなのは1番の吟醸系です。

日本酒通の方々は
米本来の甘みや味わいを語る方が多く、
純米酒を好まれているようですが、
私の味覚が未熟なのか、好みの問題か、
純米酒系の堅い感じが苦手です。

今後、私の舌が少しでも進化して、
旨さを感じるようになるかもしれませんが、
今のところ吟醸酒系に軍配が上がってます。

というわけで、下記に列挙する日本酒も、
吟醸酒系が殆どです。

あくまでも私個人の好みですので
そこんとこご了承くださいませ。

それから、
私、細かい味の違いをうまく表現出来ませんので
対象となるお酒との出逢いやエピソードを中心に
書いていきたいと思います。



■■ 私の好きな日本酒 ■■



●「十四代」

 私の「プレミアム原器」。

 大阪にドライブ旅行した際に
 グランフロント大阪にある「日本酒バル・さわら」にて
 初めて出逢ったお酒です。
 1杯2,500円!
 スパークリングな衝撃は今でも忘れません。
 その後、宮崎の居酒屋「田舎家寿太郎」で再会。
 さらに身近な佐賀の小料理屋「申子」でも
 取り扱っていることが判明。
 さすがに数十万のプレミア付は買えませんので
 もっぱら店飲みです。



●「天山」 純米大吟醸

 私の「エターナル原器」。

 佐賀県小城市の地酒。
 天山はこの純米大吟醸以外にも
 上は純米大吟醸酒から下は本醸造酒まで
 一通り私の舌には合うようで
 最も愛飲している酒蔵です。
 関東方面でも「七田」「岩の蔵」などの銘柄で
 販売しているらしいです。


●「醸し人九平次」 純米大吟醸

 私の「原器ナウ」。

 仕事で関東へ出張した際、
 品川の居酒屋「えん」で出逢った酒です。
 その味が忘れられなくて、
 「えん」の梅田店があるのを見つけ
 わざわざ居酒屋に行くためだけに
 九州から大阪まで夜通し車を運転して
 飲みに行ったアホ男です。
 今では九州でも売っている酒屋を見つけて
 一安心です。


●「出羽桜雪漫々」

 「原器レベル」。

 佐賀市の「嬉乃すし」で初飲。
 廻らない寿司屋でガブガブ飲んだもんですから
 支払いの時になって酔いが一気に覚めました。


●「庭のうぐいす」 純米大吟醸 くろうぐ

 「原器レベル」。

 福岡県久留米の居酒屋「まんまる」にて初飲した酒です。
 「庭のうぐいす」は本醸造でもけっこう美味いという希有な酒です。
 これまた私に合う酒蔵です。


●「獺祭」 純米大吟醸50

 「原器レベル」。

 中国地方へドライブ旅行へ出かけた際、
 帰りが遅くなり急遽泊まることにして
 初めて訪れた山口市。
 そこのビジネスホテルの前にあった
 居酒屋「楽処ふるさと」で初めて出逢いました。
 以来、「獺祭」を求めて右往左往して来ましたが、
 最近ではメーカーの供給体制も整ったようで、
 ここ九州でも普通に買えるようになり嬉しい限りです。
 今では最も有名な日本酒の一つですね。


●「伝承」 大吟醸

 福岡県久留米市の「磯の沢」の銘柄です。
 久留米日本酒フェアで試飲して以来愛飲してます。
 毎年蔵開きにも必ず行ってます。


●「久保田萬寿」

 高級で有名で美味い酒と言えば
 代名詞のような萬寿ですね。
 気軽に買える金額ではありませんが。


●「鍋島」

 名前で分かる通り佐賀のお酒です。
 スパークリングな風味は十四代に近いかもしれません。
 ここも毎年蔵開きは行ってます。


●「黒龍」

 福井の居酒屋で勧められた酒。
 超美味し。
 先日、北九州の「力丸酒店」で売ってるのを確認し
 早速、購入してきました。


●「雨後の月」

 「原器のイデア」

 広島の小料理屋で飲んで惚れた酒です。
 非常に素直なお酒です。
 尖った所もなく、強い個性を主張するでもななく、
 それでいて王道を行くような素晴らしい酒です。
 わざわざ蔵元のホームページで取扱酒店を探して
 買いに行きました。


●「上善如水」 純米大吟醸

 母方のヤクザな叔父が愛飲しておりました。
 我が家に来て宅飲みする時は必ず近所の酒屋から
 配達させていました。
 銘柄名の通り、透明感のあるお酒です。


●花陽浴 純米大吟醸

 「醸し人九平次」と同じく
 仕事で関東へ出張した際、
 品川の居酒屋「えん」で出逢った酒です。


●「手取川」 純米大吟醸

 こちらは石川県金沢市に出張した時に
 同行した部長が教えてくれた地酒です。
 佐賀の小料理屋「申子」で再会しました。


●「櫻正宗」 純米大吟醸

 福岡市の岩田屋にあるでっかい日本酒コーナーの
 店員さんがオススメしてくれた酒です。
 「獺祭」に近い感じかな。


●「筑紫野」

 蔵開きの試飲で惚れました。
 お猪口1杯200円ですが、これ飲みたさに
 毎年通ってます。


●「勢起」

 福岡県うきは市で「東京X」のしゃぶしゃぶが食える
 「十八」という店で店主から紹介された酒です。
 幻の酒だそうで。
 この時飲んだ純米酒は堅かったのですが、
 後に自分で買った純米代吟醸酒は
 ドストライクの美酒でした。
 吟醸のくせにお燗にしてもグッド。


●「東鶴」

 嫁子ちゃんの実家の菩提寺の住職さんからもらったという
 複雑怪奇で運命的な出逢いをした酒です。


●「土佐鶴」

 嫁子ちゃんが昔勤めていた会社の社員から教えてもらった酒です。
 「旦那(まうぞう)は辛口の日本酒好きなんだけど何かない?」
 と聞いたらこれを勧められたそうです。





この項目は「まうぞうの日本酒原器(好きな酒)」に
関連した書きかけの項目です。
この項目の加筆・訂正などは順次行ってゆきます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト