貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
おせち
嫁子ちゃんと結婚し、
お正月に嫁子ちゃんの実家に
挨拶に行くようになって、



初めて

買ったおせちを

食べた男・

まうぞうです。




私が生まれ育った家は
貧乏な上に年寄り臭い家でしたので、
根本的に、

“おせちやお正月料理の完成品をお店で買う”

という習慣がありませんでした。



そもそも、
正月から飲んだくれている両親でしたから、
おせちもへったくれもないのですが、
そんな母親でもまれにお正月の準備をする時は
いつも決まった内容でした。

・数の子(値段高騰の前まで)

・黒豆

・カブと人参の酢の物

・がめ煮(全国版で言うと「筑前煮」)

・お雑煮

以上。

いかにも年寄りが作るお正月料理ですね。

ですから子供のころから私は
テレビやスーパーの店頭で予約受付している

“オードブル”や“三段重”

的なおせちに憧れを抱いておりました。



交流のあった数少ない母方の親戚も
揃いも揃って貧乏人やヤクザ者でしたから
お正月事情はうちと似たり寄ったりでした。

父方はの親戚とは絶縁状態でしたから
全く記憶がありません。

大人になって、
元嫁さんと結婚して元嫁さんの実家に
正月の挨拶に行くようになりましたが、
元嫁さん宅は貧乏な上にしきたりに無頓着な家で、
我が家ですらかろうじて母親が用意していた
お正月料理すらありませんでした。

そんな環境ですから、
母親没後もおせちを買うという方に
意識が向きませんでした。



元嫁さんと別れ、

嫁子ちゃんと結婚し、

嫁子ちゃん実家で

初めて“THEおせち”的な

おせちを食べて覚醒しました。



今年のまうぞう家のおせちは
“杉能舎”という酒蔵が販売している
おせちを頼みました。

オマケとして
日本酒・地ビール・梅酒・甘酒が
付いてくるという、
酒飲みにはたまらない内容です。

料理も大変美味しゅうございました。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト