貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
ど根性ガエルの娘
「ど根性ガエルの娘」

という漫画が話題になっています。

電子書籍でコミックが2冊発売されていて
私はそれで読みました。

最新話はネットでも配信されています。

今度、紙の書籍の発売も
決まったようですね。



内容はと言うと、
タイトルそのままなのですが、
「ど根性ガエル」の作者・吉沢やすみさんの
娘で、ご自身も漫画家である大月悠祐子さんが
幼い頃からの家族の波瀾万丈な内情を
描いた漫画です。



この漫画の最新話が“衝撃の15話”として
ネット上で話題になっています。



私、この最新話を読んで抱いた感想は、

「やっぱりそうか。」

でした。



ネタバレになりますので
詳しくは書きませんが、

「毒親は変わらない。」

というのが私の体験上の確信です。



持論とまでは言いません。

各家庭・各個人で境遇も性格も
千差万別でしょうから。

ただ、私は実体験上で
「毒親はそう簡単に変われるもんじゃない。」
と思ってましたので、
最新話を読んで得心がいった訳です。



僭越ながら大月さんに
私ごときがアドバイスするなら

「一度、親を捨てたら?」

ということですかね。



私の毒親。



飲んだくれ父は早くに自ら命を絶ちましたので
飲んだくれ母と長年暮らしてまいりました。

この母、
飲んだらキチガイですが、
飲んでなくてもキチガイでした。

ささいな事で狂乱のスイッチが入る。

まるで朝鮮人です。



怒って狂って家を飛び出して、
母自身の兄弟の家に身を寄せる。

私が低姿勢で迎えに行くというのが
いつものパターンでした。



ある日。



またいつものようにキチガイ発動です。

母は弟(私からすると叔父)の家へ。

叔父から電話があり、

「そろそろ迎えに・・」

と切り出してきましたので、
いい加減限界だった私は、
叔父には迷惑とは思いつつも、

「殺したくなるからもう限界です。」

と言って、迎えに行くことを断りました。

その後、いろんな人が間に入って、
結局は迎えに行ってまた同居するのですが、
息子から捨てられたということが
よっぽど堪えたのでしょうか、
この一件の後からはキチガイが
かなり萎んでいきました。



逆にボケが

始まりましたが。




最終的には、
毒母親は娘である私の強欲姉に
引き取られていきましたが、
私の心は安まりません。

私の心に平穏が訪れたのは
毒母親が死んでからでした。



「親が死んでからでは孝行出来ぬ」

と言いますが、
私は、

「親が死んでからでは復讐出来ぬ」

と言いたい。



「ど根性ガエルの娘」

更新、楽しみにしています。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト