貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
奪われた保険金と突然の出費
外的要因で背負った借金、その2。



強欲姉。



私は父を早くに亡くし、
年の離れた姉はとっとと嫁ぎ、
長く母との二人暮らしでした。



社会に出て20数年、
母の生活の面倒を見ていましたが、
姉からの仕送りなんてのは全くありませんでした。

晩年、年老いてややボケがでてきた母を
姉夫妻が引き取る事になった途端、
毎月数万円の仕送りを強要されました。

まあ、ボケ老人の世話もたいへんでしょうからと了承。

2年ほどで母は亡くなりました。

生前、細々と母自身が掛けていた、
それでも最後の頼みの綱と本人は思っていたであろう
わずかな保険金は姉が独占。

逆に、葬式代・坊さん代一切合切、
「長男」という理由で私が払わさせられました。



その額100数十万円。



もちろん、借金でまかないました。



なかばやけくそで全ての条件を飲んで、
姉とは絶縁しました。



母は、「自分自身の葬式代に」と保険を掛けていたんですが、
結局保険金は姉一家の懐に消え、
貧乏息子である私が葬式代を出しました。


姉本人は

「ボケた母の一番大変な時期の介護をした献身的なアテクシ」

という認識のようです。


まあ、それは事実なんでいいんですが、
その一つのことだけで、
その他全ての金銭的要求は正当化されるらしいです。

私がおこなってきたボケ前数十年の苦労より
ボケ後2年の世話の方がとても比重が重いらしく、
最後の最後までドヤ顔で接してきました。



私自身が昔から姉には世話になったことも多々ありましたので、
上記に書いたわたしのモヤモヤは直接言ってはおりません。

ただ、もう生涯会うつもりがないだけです。



毒親とは言え親ですから、
その葬式費用を出すのは子の務めとして、
全くかまわないのですが、
突然の借金大増に、
貧乏神様の嫌らしい笑みを垣間見た出来事でした。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/13-194573e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック