貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
大日本帝国陸軍一等兵
私、
今勤めている会社では
一応、低~~~いながら役職がついています。

役職と言っても
旧陸軍に置き換えると一等兵程度。
下から2番目です。



私より下の位には二等兵がいますが、
一等兵も所詮、捨て駒の“歩”。
底辺・下っ端であることには変わりがありません。



実は去年までは軍曹程度の役職でした。

しかし、
パワハラ上司との軋轢でハートクラッシュし、
降格・減給の運びとなってしまいました。

そのあおりで、
それまで同部署にいた兵長程度の部下が
軍曹を拝命することになりました。

上下の立場が逆転したことになります。



ちなみに帝国陸軍の階級序列は
上から順に、


・大将・中将・少将
・大佐・中佐・少佐
・大尉・中尉・少尉


〜〜〜〜越えられない壁〜〜〜〜

・曹長
・軍曹
・伍長
・兵長
・上等兵
・一等兵
・二等兵


ってな感じです。(一部省略)



昨日まで部下がだった人が今日から上司。

昨日まで上司だった人が今日から部下。



元々、ざっくばらんな雰囲気の部署でしたので、
そんなにやりにくいということは
なかったと思いますが、
私のせいで元部下の現軍曹には迷惑を掛けています。



まあ、


私の給料が

がっつり下がった分、

彼の給料は

がっつり上がった

ことでしょうから。



苦労が増えた対価として給料上がって、
それでチャラということにしてもらいましょう。



可愛そうなのは私です。



原因となったA中将。

猜疑心が強く、傲慢で、自己中心的で、
感情的で、意外と小心者なパワハラ上司。

このA中将、
私が耐えきれなくなって降格・減給となってしばらくして
南方戦線へ異動になってしまいました。

代わりに大陸戦線に赴任してきたのは
温厚で篤実な尊敬できるB少将です。


何のために私は降格・減給になったのか。


このB少将の下でしたら、
私も問題なく軍曹の勤めを果たせましたのに。


結局、私の給料がガクッと下がっただけの
結果となってしまいました。



本当に貧乏神様の魔の手恐るべし。

鮮やかに私の所得だけを奪うやり口。



もしA中将が近々異動することがわかっていたら
もう少し我慢出来ていたかな・・・


・・・とも考えたりしますが、


いや、無理だったでしょうね。



あの時は、一分でも一秒でも中将の近くにいるだけで
適応障害が超スペシャルスーパービッグボーナス級に
出ていましたから。

決断をあと1日遅らせていたらどうなっていたかわかりません。


会社を辞めてたか、

もっと壊れて人格崩壊みたいになっていたか、

いっそ叛意を起こしてA中将をザシュしてたか、


今でも何かの機会にA中将を見かける度に
3番目の選択がムラムラとわき起こるのは内緒です。



とりあえず今は一兵卒になった分、
仕事量は多く残業などは大変ですが、
管理職業務から開放されて多少気楽になりました。

今後、あのA中将が退役しない限り、
私の昇進は望めないでしょう。

もっとも、他の将官なら引き上げてくれるかと言うと
それもまた無理っぽいですけどね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/143-ed1395ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック