貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
自殺願望
私は立派な適応障害持ちです。



嫁子ちゃんも同僚も心療内科の先生も認める
天下無敵の適応障害野郎です。


もうしばらく前のことですが、
私の心をクラッシュした上司である中将殿に、

「貴方が原因で心療内科に通ってます。」

と言ってやったことがあります。


その時の
赤鬼がトカレフで一斉射撃されたような顔は
一生忘れられません。

全然私の復讐心を満足させるには
ほど遠いのですが、
とりあえず一矢報いた気分にはなりました。



そんなやっかいな心の病を抱えた私ですが、
自殺願望というものは持っていません。

何よりもまだ死にたくはありません。

現世に未練タラタラです。


まだやりたいことや楽しいことが
いくつも思い付く限りは死ねません。



本当に極め尽くされたような
ダメブロガーの方の中には

「いつ死んでもいい」「○○歳までに死ぬ」

と公言してある方もいらっしゃいます。

私はそんな覚悟はとてもまだ持てません。

「死にたくない」

と言える私は
まだ幸せな方でしょう。



しかし、
仮に定年まで勤め上げたとしても
一銭も蓄えなどありませんし、
その頃も多分まだ借金は抱えていることでしょう。

年金受給までどうやって生活するのか
全く展望がありません。

ましてや何の傷害保険や生命保険にも
加入していませんので、
途中で大病を患ったりしたらアウトです。

そんなお先真っ暗の負け犬人生ですが、
それでもまだ現世に未練はあります。



本気で死は怖いです。



この世で数少ない100%と断言していい真理、

「人はいずれ死ぬ」

ということはわかっているのですが、
まだまだ、従容として受け入れる
態勢は出来ておりません。



散々辛い経験もしてきましたし、
他人の死に触れてもきました。

それでもまだ「死んだ方がまし」とは思えません。



死を何よりも怖れる私は

「いつ死んでもいい」

といえる人が羨ましい。

私は

「いつ死んでもいい」

と言えるようになりたいのです。



だからかもしれませんが、
自分が死にそうになる夢をよくみます。

覚悟も何もなくて、
突然現れた自分の死という現実を
受け入れられなくてあがく夢です。



教育や時代背景の結果とはいえ、
自らの死を当然の結果として行動を起こしていった
特攻隊をはじめとする軍人や武士の方々に
憧れや美を感じるのは
自分が手に入れることができていないものへの
嫉妬なのかもしれません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/164-31fcb16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック