貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
武力攻撃事態法
《武力攻撃事態法改正案》2条4

存立危機事態

我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態をいう。



とのこと。



自衛隊が武力を行使するためには

「存立危機事態」

じゃなきゃだめとのこと。



条文を読むと、

「ちゃんと歯止めを掛けてます」

的な感じですが、
とても意地悪な見方をすれば、
拡大解釈して、
武力侵攻に行けないこともないですね。



例えば、


韓国は「我が国と密接な関係にある他国」だ。

北朝鮮が銃撃した。これは武力攻撃だ。

北朝鮮が勢いに乗って韓国に侵攻してきたら、
「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、
 自由及び幸福追求の権利が根底から覆される」
かもしれない。

朝鮮半島に自衛隊派遣するぞー。


国家の空気がイケイケであれば、
こういう事態も想定できますね。


丁度戦前の空気のように。


韓国を「大切な隣人」なんか
これっぽっちも思っていなくて、
逆に「韓国このやろ」と日本全体が
思っている今だからこそ
可能性があります。



「鬱陶しいから占領してしまえ。」

と。




ただ私は現代の日本の政治家や日本人は
そこまで愚かではないとも思うのですが。



共産党や社民党が言いたい

「日本を戦争を出来る国にするな。」

というのは
上で私が書いたような展開のこと
なんでしょうけど、
どうなんでしょうね?



野党みたいにヒステリックに

「戦争反対・九条を守れ・基地はいらない」

と叫ぶだけで全てうまくいくなんて
幼稚でアホなことは納得いきません。

安全を確保するには、
それなりの手段や努力が必要です。



ですから野党にはあくまでも

「勝手なことしか言わない煩い奴ら」

的な位置づけでいてもらって結構ですから、
それでも一抹の不安が残る
与党と安全保障政策に対して
程よいブレーキになってほしいものです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/204-1a84ca5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック