貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
少子高齢化社会に物申す
少子高齢化



非常に大問題です。



外敵の襲来や経済の混迷などよりも
むしろより一層重要な課題かもしれません。

国家の体力がすり減ってゆくのですから。



労働人口が減って税収が減ることでしょう。

医療費の増大も大きな課題です。

年金制度はすでに破綻状態です。



全てが

“若者より老人が多くなる”

という事実が原因です。




じゃあ、対策は?



老人を処分する?



近代民主主義国家ではありえませんね。



じゃあ、
若者・・・子供を
増やすしかありません。



出生率を上げることこそ
ただ一つ残された解決策です。



“移民受け入れ”

という選択肢は
とりあえず無視で。



某国から犯罪者集団が入ってくるかと
思うと軽々しく賛成はできません。



で、目指すのは、



“出生率アップ”



要するに、


若者よ、

ナニに励め!



ということです。



ただ、ナニを頑張ったからといって、

「子供を産もう」

という選択にならなければ
意味がありません。

若いカップルが家庭を築き、
子育てをしたくなるような
世の中にしなくちゃいけません。

そのためには、
育児のサポートや扶養手当の充実など
諸政策を国には頑張ってもらいましょう。



お金のかかる大規模な政策は
政治家の先生方にお任せして、
とりあえず、ここでは、
簡単で効果的で実効性のある
方策の提言を行いたいと思います。



ターゲットを絞ります。


男性側は

・いいとこに勤めてるし貯金もあるよ

・女性と付き合いたいし結婚もしたい

・将来はたくさん子供が欲しい

・でもコミュ障で出逢いがないんだ!


女性側は

・結婚願望はあるわ

・気がつくとみんな結婚しちゃってるし

・子供は産みたいわ

・でも簡単に妥協はできないからこの年齢に!


というような人達はいっぱいいると思います。



こういう層をとりあえず集めます。



こういう出逢えそうで
出逢えない組み合わせ。

出逢っちゃうと
意外といいカップルになったりするんです。

実際にそういうカップルを
身近に見ているからこその
提案です。



これを国が強権を持って

“国選見合人”

として無理矢理くっつけます。



1年間は仮免期間中です。

更新制度を設けますので、
チェンジありです。

性格や趣味嗜好が合わないと感じたら
コーディネーターに申告すれば、
組み合わせを変えてくれます。

「この人なら!」と思えたら、
逆に相手が自分に感じている
不満や不安を解消しようと
努力するでしょう。



こうして新しいカップルを無理矢理誕生させ、
ゆくゆくは仲むつまじい夫婦になるように
バックアップしてゆく政策です。



かなり非難ごうごうなのは
覚悟の上の提言です。



はっきり言って
人格無視の人権無視の性差別全開の
非常識な提言です。



この制度の唯一の利点は

“出逢い方がわからない”

ためにロンリーな人たちに
出逢いの機会を与えるという
のみです。



「去年まで誕生しえなかった
組み合わせのカップルが
この制度で今年は数組誕生したぞ!」




こういう小さな事の積み重ねが
出生率のアップにつながると思うんですが
いかがなもんでしょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/09(木) 21:22:07 | | # [ 編集 ]
出会い
まうぞうさん、こんにちは。

大筋、「出会いがない」っていうのも大きな要素ですよね。

妹も独身、義弟も独身、職場の殿方も独身、独身…。

妹曰く、「好きな人はいたけど、家庭持ちであきらめた。お金はあるけど、家庭に入るの向いてない」だそうです。

義弟は、「あまり結婚に興味がなく、いい人がいればつき合いたいけど、お金がない」という感じです。

そういうギャップを埋めるシステムが、民間にあるにはあるけど、悪用されるケースがよく報道されていますね。

私も、今、国が真剣に取り組まないと、将来、日本という国はなくなってしまうんじゃないかと思っています。

息子の世代に、この国に生れてよかったと思ってほしいなら、思い切った改革も必要ですよね。
2015/07/10(金) 11:47:37 | URL | すみれ #- [ 編集 ]
まうぞうさん、こんにちは。
失礼ながら、今どきのライトノベルなんかでありそうな設定だなぁって思いました(笑)
出会いが無い点も含めて、結局の所「余裕がない」んですよね〜。
まぁあくまでネタ的なエントリーだと思うので、いわゆるマジレスはしないですけど、「要するに国はもっと少子化対策に本腰入れろや!」って点には激しく同意です。
2015/07/10(金) 15:04:39 | URL | stuc #- [ 編集 ]
すみれさん、こんにちは。
よく耳にするのは若者が淡白で、無理に結婚や恋愛をしたがらないということを聞きますが、私の回り(若者ではないですが)恋愛も結婚もしたくてしたくてたまらない連中ってけっこういます。
軽く「合コンとかに行けば出逢いなんて沢山あるよ」とか言う人もいますが、「合コンに行ける度胸」があったら最初から孤独になってないんです。
どうにかしてやりたいです。
2015/07/10(金) 21:06:07 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
stucさん、こんにちは。
かぁあああーーーーーーー(←赤面する音)
たしかに、自分で書いておきながら、ライトノベルか少年漫画か、はたまた新作の美少女アニメかというような恥ずかしい設定でしたね。
でも、国が先頭切って危機感をあおっていかないとだめだと思うんですよねー。
2015/07/10(金) 21:08:49 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/268-7e952fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック