貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
おっ○い星人
ブログの記事本文中に

“おっぱい”

と書いても問題ないのに
コメント中に

“おっぱい”

と書くとはねられるFC2ブログの謎。


こんなどうでもいい事を
常に探求し続けるおっぱい星人・まうぞうです。



いえ、決して大きければ良いとか
いうわけではないんですよ。



いや、あの、全く平らなのも困りますが。



ある程度の柔らかさが感じられる・・・
と申しましょうか・・・


ぱふぱふが出来るくらい


と申しましょうか・・・



これぐらいで止めておきましょうね。



高潔な人格者を自負する
私の品位が問われます。



さて、
貯金が無い、資産が無い、保険が無い、
というこのブログの枕詞以外にも、

不動産が無い、

お墓が無い、菩提寺が無い、

学歴が無い、資格が無い、

と無い無いづくしの人生ですが、

さらに普通にありそうで私に無い物をあげると、

人を殴ったことがありません。

そして、

人から殴られたことがありません。



以前もちょっと書きましたが、
幼い頃から学生時代を経るまで、
父性や体育会系とは無縁の人生でしたので
拳の語らいなんてのはありませんでした。

飲んだくれ母も飲んだくれ父も
幸いにして、
酔ってても手を上げられた
記憶がありません。



包丁を突きつけられた

記憶はありますが。




身体的虐待が無かったことは
飲んだくれ両親だったわりには
幸運なことだったと思います。



幼稚園や小学校低学年の頃には
とっくみあいのケンカなんかも
あったのかもしれませんが
記憶に残っていません。

少なくとも物心ついてからは
殴り合いをしたこがありません。



学生時代はオタクでしたので
自ら殴り合いをすることはありませんでしたし、
オタクなのに幸いにして不良連中に
絡まれたりいじめられたりすることも
ありませんでした。

いじめの記憶は前にも書いた
避けられ系くらいのものです。



ということで、
私は自分の拳がどれだけの可能性を
秘めているのか確認したことがありません。

もしかしたら、
マイクタイソンか幕ノ内一歩並の
ダイナマイトパンチを持っていたかも
しれません。

格闘家としての無限の才能は
顕在化すること無く、
無限の彼方へ消え去ってゆきました。



私、
学生時代の体力測定では、

反復横跳びと

垂直跳びは

クラス1・2

の成績でした。




身体のバネは黒人ボクサー並に
優れていたと確信しています。



もしかして、何かスポーツをやっていれば、
今頃、スポーツ報知の一面を飾っていたかも
しれません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
護身術
まうぞうさん、こんばんは。

私は、学生時代、妹と護身術を習いに行っていました。

息子ができてからは、うつのリハビリも兼ねて、私とつれと息子で護身術を習いに行っていました。

でも、両方とも中途半端で、全然強くありません。むしろ、心の護身術を学ぶのが先でしょ、って感じですね。

その意味では、まうぞうさんがダイナマイトパンチを使わずに生きてこられたのは、すごくラッキーだったと思いますよ。

これからも、ブログでダイナマイトパンチを期待しています。
2015/07/10(金) 23:21:04 | URL | すみれ #- [ 編集 ]
すみれさん、こんにちは。
護身術ですか。
すごく興味があるんですが、興味だけで終わるのが私の悪いくせです。いざとなった時に自分で自分の身を守れるようになりたいですね。もちろん、対人以外にも対災害なども含めてですが。
ブログは毎日小刻みなジャブを心がけておりますのでこれからもご愛読よろしくお願いします。
2015/07/11(土) 19:57:18 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/269-1dbe7991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック