貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
未知との遭遇
そういえば、
先日の私の精密検査の時。

心配して着いてきた嫁子ちゃんですが、
私が検査の波にもまれている間に
待合ロビーのソファで爆睡。

あまりにも
肘掛けにもたれ掛かっての
眠りっぷりが立派だったらしく、
通りがかった看護師さんから、

「お加減、大丈夫ですか?」

と真顔で心配されたそうです。



本人は

がっつり寝てた

だけなんですけどね。




辛すぎて顔を伏せて
うずくまっているように
見えたようです。



その後も、ウトウトしていたら、
通りがかる病院職員誰もが
チラ見するように通り過ぎてゆくため

「ここで寝ててはまずい。」

と思ったらしく、
病院内をうろうろしながら
眠気と戦っていたそうです。



素でギャグが出来る希有な女性です。



さて、今朝、
通勤途中・・・ですから朝の6時すぎくらいです。

国道を何気に車で走っていたら
幼稚園生くらいの子供がヘルメットをかぶって
補助輪付の自転車で走っていました。



追い抜く瞬間に強い違和感を感じました。



だって、


早朝の、

郊外の田んぼの中の、

国道の、


土砂降りの中



ですよ。



次の瞬間バックミラーを見ると



いませんでした。



初めて・・・見たの?・・・かな?



私、こういうものは見えない人間なんですが。



その存在を
「いない」と信じてないわけではありませんが
「いる」と信じているわけでもありません。

なぜなら、

幽霊さんに会ったことがないですし、

いないと確信できたこともありませんから。



私にとっては
宇宙人も同じです。



いると断言出来ませんが、
いないと否定もできません。



理屈で考えると

「宇宙人はいるはずだ」

と思う自分はいます。

全宇宙の何兆もの惑星で
地球と同じ様な経年変化を遂げた星に
同じ様な生命が誕生する可能性は
確実にありますから。



しかし、
最後の一線において、
どうしても確信が持てない。



造物主や阿弥陀如来が
この地球を中心とした宇宙を創造した
という可能性が否定できないからです。

私の知識不足・経験不足・信心不足で
そちら方面での確信も得られません。



とにかく、
私、
変にリアリストなもので、
幽霊にしろ宇宙人にしろ、
会ってその存在を確信出来ない限り、
否定も肯定もできない性格です。



ただ、幽霊に限って言えば
傍証はあります。



うちの会社に、
それ系のものが見える人がいるんですが、
見えるくせに

「幽霊はいません」

と断言するんです。

なぜなら、
ずーーっと一点を見つめていて
意思を感じられないから
だそうです。

ある時、
深夜に車を運転して帰宅の途に着いていたところ
ふとバックミラーを見たら、

子供が乗っていた

そうです。

目が合っても何の変化も無く
何かしゃべるわけでもなく、
ただ無言でじーーっと見つめていたそうです。



その彼の場合、
淡々と語る分余計に恐いですよね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/22(水) 21:55:12 | | # [ 編集 ]
こんにちは、まうぞうさん。
見える人特有のリアルさがありますね…。
意志を感じないから幽霊はいないとするなら、その方にとっての幽霊ってどんな定義なんでしょう?
私はそういうのは見えないタイプです。っていうか怖がりなので見たくないです。
小学校低学年の頃までは夜中に変な幻覚みたいなのは見てましたけど。
とりあえずまうぞうさんもお祓い行っときましょうか(笑)
2015/07/23(木) 11:14:36 | URL | stuc #- [ 編集 ]
stucさん、こんにちは。
その彼曰く、
「まったく動かなくてじーーーっとしているから、『意思を持った存在=幽霊』的なものじゃなくて、残留思念のかけらみたいな物が場にへばりついているんじゃないかな。」
とのことでした。
「交差点に多いですよ。」
と普通に言うから、よけいに怖いです。
くわばらくわばら。
2015/07/23(木) 20:05:44 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
こんにちわ。
私は黒猫を保健所から家族に迎えていますが、その子を抱っこしているとジーと上を見ていることがあります。首を上に向けてジーと見ている。きっと何かいるのかな、と思います。でも何でもかまいません。私自身、不思議な体験がありますが、それも一期一会と思うので動揺しませんでした。生きていれば何かしら起こります。今日は家に帰った後、近所のがん治療中のおばあさんを見舞いがてら励ましてきました。人に喜んでもらうと、自分も気持ちが和らぎます。今朝子供が勉強で疲れた顔をしていたので、何か良いことをして幸せが戻ってきたら良いなと思います。まうぞうさんはご先祖のお参りはきちんとなさっておられますか。ご先祖に尊敬の念を示すと、空気の流れがいろいろ変わる気がしますよ。
2015/07/27(月) 13:14:11 | URL | 50代 #JalddpaA [ 編集 ]
50代さん、こんにちは。
私の同僚も似たようなことを言ってました。まだおしめもとれていない幼児が部屋の天井の隅を見てキャキャッと笑ってるらしいんです。何か絶対見えているらしいとのこと。怖いですね。
ご先祖様はあまり敬ってない生活かもしれません。巡り巡ってそれで不幸になってるのかもしれませんね。
来月お盆には納骨堂にお参りしてきます。
2015/07/27(月) 20:28:02 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/281-5952dcba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック