貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
トラウマその1(※閲覧注意です。)
※今回は衝撃的内容は含まれます。
 不快な思いをされる可能性がありますのでご注意ください。
 刺激に弱い方はお読みにならないでください。








私にはいくつかトラウマがあります。



その一つがぷらーんとぶら下がった人間です。



見たことがあります。



父でした。



私が学生の時でした。



私が発見した時は、
ダメになるギリギリ直前で救い出せたようで
なんとか蘇生できました。

ただ心臓に電気ショックを与えていた時、
意識は無くても人はうなり声をあげるということを
初めて知りました。



救急車を呼んで一緒に同乗して行ったのですが、
その時の記憶が、鮮明な部分と朧気な部分があって、
霞がかかったような感じです。

はっきり覚えているのは、
救急病院に着いて、蘇生処置の間に、

「あ、家に連絡しなきゃ」

と思い、

「あ、お金持ってきてない」

と焦り、
救急隊員の人に電話代を借りたことです。

あの時の100円、結局返せませんでした。

これも私の借金。

今では利子だけで500円くらいになっていることでしょう。



家には親しく近所付き合いをしていたおばちゃんが
母の横に付いてくれていましたので、
とりあえず、どこの病院かと現状とを電話しました。


その時母は飲んだくれていて前後不覚でした。



その時はなんとか後遺障害も無く回復した父でしたが、
数年後、2回目のチャレンジは成功していまいました。

2回目の時は私がいなかったから
発見する人がいなかったんですね。


その時も母は飲んだくれていて前後不覚でした。


あ、ちなみに父もソレをやった時は2回とも
飲んだくれ状態でした。



飲んだくれ2人のうち1人がいなくなった時、
冷淡かもしれませんが、
息子である私が思ったことは

「これで飲んだくれ相手が1人ですむ」

でした。



大変なんですよね、飲んだくれの相手するのって。



それもまた長年のトラウマの一つですが、
それはまた次回。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/32-0c53acea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック