貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
超常現象
私はリアリストです。



“小心者”

の裏返しかもしれませんが、
自分で「見た」「聞いた」ことしか
信用できません。

逆に、
「見てない」「聞いてない」ことも
100%そのその存在否定が証明されない限り
全否定する気にもなりません。


・UFO

・神

・幽霊

・超能力

・前世

・守護霊

・あの世

・喋る白犬 ・陽気な鬼
・鏡から現れる女神 etc・・・


全て見たことがありませんから

「存在する」

と断言できませんが、
その存在が否定された科学的根拠も
聞いたことがありませんので、

「存在しない」

とも思えません。



ただし、
自分なりに実証じみたことを
やれるものもあります。



その一つが、

「テレパシー」



例えば大勢の人で賑わう
ショッピングモールのフードコート。

私は席に座り、
広島風お好み焼きを
食べています。

数列離れた席に
横顔がガッキーに似た美人が
友人と2人でカフェラテを
飲んでいます。

私はそちらを直接は見ないようにしながら
意識をガッキーに集中させ、



相当にエロい

妄想を開始します。




とてもココで文章で表現できないような。

もし、
見ず知らずの男性から口頭でそういう事を言われたら
言われた女性は速攻で通報しそうな内容です。

しかし、
私の護摩段の前の山伏のような集中力にもかかわらず
ガッキーは何の反応も示しません。



続いて、
その隣の席に座っている家族づれの中の
くたびれたお父さんに意識を向け、
私の脳内でクソミソに罵詈雑言を並べてみます。

その後、書くのもはばかられるような、
壮絶な拷問イメージ念波を送ります。

が、
お父さんはピクリとも反応を示しませんし、
こちらを見ることもありません。



私の送信機がポンコツなのか
皆さんの受信機の具合が悪いのか。

もしかしたらテレパシーもまた、
メジャーへ行くプロ野球選手並の
抜きんでた才能が必要なのかもしれませんが、
それはわかりません。

とにかく、
私や私の周囲の人たちに
“テレパシー”の能力が存在するのなら、
ガッキーやおっさんは何らかの
反応を示すはずですが、
全く無反応です。



とりあえず得た私の結論。



「庶民レベルではテレパシーは存在しない。」



です。



「殺気」

というものを感じる武術者が存在するわけですから
修練によって相手の気配を感じることくらいは
出来るのかもしれませんけどね。



ちなみに、

「氣」

は、私、信じております。

実際に手の平から出ているのを
感じることができるからです。



何の役にも立ちませんけどね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは、まうぞうさん。
氣を感じ取れるのですか!?
お会いできたら是非握手してください!(キャー!マウゾウサーン!)
自分で言うのも如何なものかとは思いますが、我々の職種って「感性」というものが世間一般よりも多少なりとも秀でている部分があると思いますし、普通の方より氣やら霊感やらを感じ取りやすい人は多い様に思います。
もちろんそういう第六感的なものだけじゃなくて、五感のどこかが優れていたりとか。
自分も怖がりなのはきっと霊感が優れているせい(という事にしておこう)。
2016/01/19(火) 10:34:04 | URL | stuc #- [ 編集 ]
stucさん、こんにちは。
「氣」はほぼ物理的に感じますよ。
手のひらを10cmくらいはなして近づけて意識を集中すると、その中に軟式テニスボールを挟んだような弾力を感じます。
以前行った外国人ホステスオンリーのスナックの中国娘は、もっとはっきりと硬式テニスボールみたいな塊を私の手に当ててくれました。
「感性」たしかに磨かれますよね。先天的才能にしろ後天的修練にしろ、セブンセンシズがコスモを燃やしてヒラメキを生む感じがありますね。
2016/01/19(火) 20:47:08 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/461-eddb8cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック