貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
私の宗教観
天照大神を尊崇し、
天皇陛下を敬愛する男・まうぞうです。



八百万の神々へは畏敬の念を抱き、
何となくお釈迦様を尊敬しつつも、
根無し草の私には菩提寺は無く、
特定の宗派もありません。



土着的な日本人古来の信仰心は
無意識のうちにあるかもしれませんが、
意識的に信仰している宗教はありません。



某政党付巨大宗教団体も含めて
新興宗教には胡散臭さを感じています。



「物欲を捨てなさい。」

と宗教団体は必ず主張し
信者にお金や資産を寄進させますが、
だったら宗教団体自体も物欲を捨て、
集めたお金を全て貧困国にでも寄付してくれたら
信じる価値はあるかと思います。



資本主義社会で全ての行為は
お金に換算されます。

宗教団体が立派な施設や偶像を
建設しているということは、
どこからかそのお金が出ていると
いうことです。

建設会社自体が信者で
全てが無償の建築寄進だったら話は別ですが
それは無いでしょう。



「宗教は阿片だ」

とマルクスは言いました。

ある意味、真理でしょう。

毒にも薬にもなるという意味合いで
“阿片”と言ったのでしょうか。

しかし、
薬と言ってもその効能は鎮痛効果で
根本的な治療薬ではありません。



神様は何も救いません。

救われる気になれる
効果があるだけです。

ですが、
信者が「救われた」気になったことで
宗教というものの価値があるのでしょう。

端から見ていたら詐欺っぽいと思いますが、
信者が「救われた」気になれれば
豪華な聖堂にも巨大な偶像にも
意味が生まれるのでしょう。



私は、
宗教上の信仰対象を信じきっている人が
心の底から羨ましいと思います。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
僕は夕陽の美しさを信じてます。(意味不明ですいません)
2016/02/01(月) 23:23:23 | URL | 大伴細人 #- [ 編集 ]
大伴細人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
詩的な?哲学的な感じかな?
私も感じたままに。
私は夕日の美しさを想うと同時に「ああ、巨大な核融合炉が今日も燃焼している」というように、中途半端な科学的知識が邪魔します。すでに純粋になれないんですね。
天動説全盛の時代に生まれていたら、もう少し宗教にも信仰心を持てたかもしれません。
2016/02/02(火) 20:17:39 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/475-9e1fbd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック