貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
留守電
“留守電”にトラウマのある男・まうぞうです。



その昔、
借金を沢山抱えた私と
借金をもっと沢山抱えた元嫁さんの
夫婦が暮らしておりました。

私は絶対に支払を遅らせたくない人間。

元嫁さんは平気で遅延する人間。

そんな元嫁さんの借金の督促が
毎日のように襲っておりました。



郵便での督促状は元より
自宅の電話へひっきりなしに
金融会社からの電話が。

日中、
仕事で家には誰もいませんので、
留守電にメッセージが残ってます。

その頻度があまりにも多く、
日常的に借金の悩みに振り回されていて、
留守電自体にトラウマを持つように
なりました。



家に帰って玄関を開け、
部屋のドアを開けようとすると
心臓が高鳴り呼吸が荒くなります。

暗い部屋の中で電話機の留守電ランプが
点滅しているともうアウト。

締め付けられたようになりながら
ボタンを押します。

「元嫁子様のお宅でしょうか?
 折り返しご連絡をお願いします。」


という女性ヴォイスはまだ全然ましです。

遅延の回数・日月が増すほど、

「元嫁子さーん、いますかー!?
 連絡くださーい!」ガチャ!


という男性ヴォイスになっていきます。



これらの電話攻撃も
遅延が続くと
メガ進化してゆきます。

最後には、



黒服のお兄さんが

訪問してきました。




ある時は、



裁判所からの訴状が

届きました。




悪夢のようでした。



そんなこともあって、
極力家の固定電話は
使わないようになりました。

今でもいろんな書類なんかに
電話番号を記入する必要がある時は
携帯電話のみ書いてます。



携帯の留守電も
イヤですけどね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/501-59d6a9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック