貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
野党合流
民主党と維新の党が
合流するだの何だのと
騒いでますね。



その昔、
新生党だの新進党だの民主党だのが出来た時も
結局、主義思想の違いで別れたりくっついたりを
繰り返してきましたが。

“政権交代ができる野党”だの“対抗勢力”だの
言ってますが、
右寄りの方は自民党より保守色が強い人もいますし、
左寄りの方は共産党もかくやという感じです。

一旦はくっついても
結局は離れる運命でしょう。



泥船は所詮泥船です。



ここで一つ、
新たな合流政党の政党名を
提案してみましょうか。


●既存の名前をベースに

「朝鮮民主主義人民共和国礼賛党」略して「民主党」

「政党交付金を維持するための新党」略して「維新の党」


●思いつきレベル

「残飯寄せ集め党」

「蓮舫と愉快な下僕たち」

「野党合流党」略して「野合党」

「イオンの党」

「日本転覆党」

「東韓党」

「ヨブ・トリューニヒ党」

「岡田屋」


●続いて北韓由来三連発

「日本を成す党」略して「日成党」

「正しい日本の党」略して「正日党」

「日本に正しく恩返しをしよう党」略して「正恩党」

まあ、党名には「日本」とうたってますが、
「成す」のも「正す」のも「恩返しする」のも
日本が対象ではないですがね。



参院選が楽しみですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは、まうぞうさん。
上記の中ではやっぱり民主党がお似合いですね(笑)
もう早いところ自民以外の政党所属の国会議員は、議員を辞めてくれないですかね。
でも一党独裁はアレなんで自民党から、自民党老中院と自民党新派に分かれて、年寄り派と若者派で議論するとか。
まぁ一党には変わりないですけど。
2016/03/03(木) 10:47:22 | URL | stuc #- [ 編集 ]
stucさん、こんにちは。
貴族や豪族が政治やっても、民選議員がやっても、バカはバカだし、腐敗するやつは腐敗しますし、難しいですね。
いっそ、王制や幕府みたいに血統重視の執政官を設けるとか・・・いやそれでも取り巻きにバカがいたら同じだし。
人格的には天皇親政が一番素敵な国になりそうな気もしますが。
2016/03/03(木) 20:12:29 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
こんばんは~
ブログに初めてお邪魔しました。
そうそう同感です!
泥船は修理したって泥船!!
泥船を2つ重ねたって
泥船ですよね・・・。
ポッチと応援と拍手しときました~。
2016/03/03(木) 21:37:25 | URL | kikilalacafe #- [ 編集 ]
維新の代表の松野さん・・・地元民は誰も応援しとらんよ。
頼むけん、アホなこつばかりして熊本に恥ばかかせんで。
2016/03/03(木) 22:42:35 | URL | ヘルニアン #53A0b1AQ [ 編集 ]
kikilalacafeさん、こんにちは。
ようこそいらっしゃいませ。
泥舟の船頭連中が今度は「党名の一般公募」なんてことやりだしましたね。
どこまで無能で卑屈でバカなんでしょう。
党名に込める理念すらないのか。
ねえ。
これからもよろしくお願いします。
2016/03/05(土) 07:16:54 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
ヘルニアンさん、こんにちは。
松野さんと言えば、「小説吉田学校」にも出て来た「ズル平」さんが思い浮かびます。あの時代の人はなかなか気骨のある政治家だと思いますが、世襲も三代続くとここまでアホが出てくるんでしょうね。
元々“維新”の橋下さんに対抗するんだったら“新党田原坂”でも作ったら良い反骨精神が現れたんでしょうけどね。
2016/03/05(土) 07:23:26 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/502-00ef25ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック