貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
自転車事故
Yahoo!ニュースより抜粋(緑色文字部分)



東京・国分寺市で、生後7カ月の赤ちゃんをおぶった母親が、自転車で道路を横断中に、乗用車と接触して、赤ちゃんは亡くなりました。
現場は3車線の道路で、事故当時は、信号待ちの車で渋滞していた。
駿成ちゃんをおんぶして、自転車に乗っていた母親は、横断歩道ではない場所を、車の間をすり抜けて横断していたところ、反対側から来た車と接触した。
警視庁は、車を運転していた25歳の女を、自動車運転過失致傷の現行犯で逮捕し、事故の状況について、くわしく調べている。




道交法上、
歩行者より車の方に
注意義務があるのはわかりますが、
車の運転手を逮捕するのは
お門違いじゃないかなあ。



この母親がダメでしょう。



最大の被害者は赤ちゃん。

車の運転手も被害者です。

加害者はお母さんですよ。



最愛の子供を失った方に対して
厳しいことを言うようですが、
車の運転手だって降って湧いたような事故で
“殺人者”というレッテルを心に刻み込まれ、
今後、刑事罰や行政罰が待ってるんですから
こっちの方が可愛そうです。



“赤ちゃんをおぶって”

これはいいんです。

“自転車に乗って”

これも危険ですけどまあいいでしょう。

“車の間をすり抜けて横断”

これがダメですよ。



赤ちゃんをおぶった母親だろうが
がたいのいいプロレスラーだろうが、
渋滞してなくても
横断歩道のない所での急な横断は危険です。

ましてや渋滞中の車をすり抜ける行為は
自殺行為です。

ちょっと頭を働かせれば
分かりそうなものですけどね。

私が自転車に乗っていて、
どうしてもそこを横断するのであれば、
渋滞中の車間を横断し、
一旦反対車線をよく確認して
車が来ていないことを確認してから
渡るでしょう。



要は想像力の

欠如が問題です。




目の前の車線が渋滞しているからと言って
反対車線に車が来ているかどうかは
確認しないと分かりません。

そういう常識的なことが
わからない自転車の人は
非常に危険です。



あくまでも自転車が弱者で
自動車が凶器なのはわかります。

ですから自転車が渡っているのが確認出来たら
横断歩道であろうがなかろうが
車のドライバーは自転車に気をつけて
徐行や一旦停止を行わなければなりません。

今回の事故で問題なのは
車のドライバーにそういう対処が不可能なくらい
急な状態だったってことです。



私も車を運転していて
ヒヤッとすることがよくあります。



車で走行中の大きな道に
横の細い道から自転車が
ノンストップで出てくる。

目の前を横切られると
車側は非常に肝をつぶします。

あと2秒、自分の車が先行していたら、
あと2秒、自転車が遅く出てきていたら、
間違いなく重大な人身事故発生です。



予防する手段はありません。



いや、無いことも無いか。

全ての十字路の全ての信号の無い交差点に
車・自転車・歩行者全てに一旦停止を義務づけると
ある程度の防止は可能でしょう。

万年大渋滞で、
完全に都市機能が
マヒしますけどね。

いや、それでも、
今回のような交差点ですらない場所の
事故は防げません。



免許制とまでは言いませんが、
自転車購入者には最低限の講習を
義務づける制度があっても
いいんじゃないでしょうか。

車のドライバーの過失が多い事故は
無条件に車が悪いのは当然ですが、
自転車や歩行者にも“安全”への協力を
お願いしたいもんです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは、まうぞうさん。
この事故は本当に子供が可哀想ですよね。
我が家もそうでしたけど、子供が小さいうちは過剰なぐらい交通ルールには気をつけるものですけどね…。
それと渋滞の擦り抜け横断は僕も免許取って初めてのドライブでやられた事ありますが、反射神経以外に防ぎようがないので、あれは自転車や歩行者側を禁止してほしいですわ。
2016/05/08(日) 11:30:54 | URL | stuc #- [ 編集 ]
stucさん、こんにちは。
ほんと、こういう無謀な走行されると、いくら車に衝突回避装置を施しても全く無意味ですもんね。
車の運転時は安全運転に気をつけますがそれだけじゃ事故を完全に防げないとなると運転自体が恐くなります。ある意味運任せみたいな。
2016/05/08(日) 19:17:38 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
こんにちは、履歴の足跡からお邪魔しています。

想像力の欠如。

この言葉、けっこう重要な言葉ですよね。

事故だけでなく、犯罪からいじめまで、この想像力の欠如ってとても重要なファクターを占めているような気がします。

これをしたらどうなるのか。

そのどうなるのか、のなかの最悪の自体も起こりうる、という考えが、実は平穏に生きていくための手がかりだと思っています。
2016/05/10(火) 11:03:53 | URL | 八咫烏 #- [ 編集 ]
八咫烏さん、こんにちは。
ご来訪ありがとうございます。
本当に想像力って大切ですよね。
「痛み」や「苦しみ」も幼い頃から少しづつ覚えさせていって、大きな「痛み」や「苦しみ」を想像できるようにするのも大事な教育だと思います。家庭や学校や友達とのつきあいの中でちゃんと想像力を養えるのが必要ですね。
2016/05/10(火) 20:23:50 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/556-8dc7f903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック