貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
廃炉
細かい数字や台詞の言い回しは
うろ覚えですが、
漫画「暗殺教室」で、

「地球の破滅の確率はわずか1%」

という子供達に対して
偉い人たちが言う、

「地球の破滅という重大な結果に対して、1%という数値は決して低い値ではない」

と。

「わずか」

とは言えないと。



作品中では、
融通の利かない大人 vs 愛情溢れる子供達
という図式ですが、
私の心情としては大人たちに賛成です。



それを前提に。



長年続いてきた本宮漫画、

「サラリーマン金太郎」

その最新のシリーズ、

「サラリーマン金太郎五十歳」

の話に
私がここ数年思い抱えてきた
わずかな確率の某所における

“最悪の結果”

が描かれています。



仮に1%という極めて低い確率でも、
結果が不可逆的な最悪の事態を招くのなら
万全に対処すべきだと思います。



1%って低いようですが
以外と高い確率ですよ。



パチンコで言うなら、
最も“当たりやすい”遊パチの確率が
100分の1です。

ミドルスペックで300分の1、
フルスペックで400分の1です。

それでも当たる人は当たります。

大連荘です。



厄介なのは、
今日、今週、今月、今年、
100分の1の確率を乗り切ったとしても、
明日、来週、来月、来年に
1%が起こるかもしれないということ。

そして、万が一にも、
起こってしまったら
全てがアウトということ。



この事態への対応は、

“完璧を期す”

ではダメなんです。

“100%完璧”

じゃないと。



ましてや、
企業の利潤追求や
政治家のメンツ・権力欲などによって
なあなあで済ませていい問題ではありません。



何のことかといいますと、
もうお分かりのことと思いますが、
福島原発の廃炉のことです。



どんな地震が起きても
どんな津波がきても
全く問題ないとの確証があるなら
いくらでも原発再稼働すれば
いいと思います。

ですが、
今、そこにある危険に対して
目をふさいでも無意味です。



もう一度、
東海村の臨界事故被害者の
治療記録写真を見て頂きたい。

ウィルスよりも目に見えない物のために
こういう結果が起こるかもしれないということを。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/650-99a6fd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック