fc2ブログ
貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
地縁・血縁
私、
貧乏神様には格別の愛情を注がれておりますが、
縁結びの神様とは疎遠です。

一応、結婚は経験出来ましたので、
異性との出逢いの縁はかろうじてあったのでしょうが、
地縁・血縁というものが極薄です。



0.02mmくらい薄いです。



実家というものがありません。

親戚との付き合いも皆無です。


両親ともにすでに亡く、
母方親戚との付き合いは絶えて久しく、
父方に至ってはどんな血縁がいるのかさえ
知らずに育ってきました。


実は父の従兄弟あたりに

大企業の創業者なんかがいて、

ある日突然、巨額の遺産が

転がり込んできたりして♪



なんて夢想したこともありました。

この年になるまで
どこの弁護士からもそういう打診はありませんでしたので、
気長に夢見続けることにしましょう。

きっと今頃、
興信所の人が私の素性を調べてくれているはず・・・



さて、
地縁で言うなら、
先祖代々の墓も無ければ、
不動産や資産もありません。

完全な根無し草です。


幼い頃も超極貧のボロ借家住まい
(家賃は、一軒家の間借りでなんと7,000円)
でした。


地縁・血縁に薄かった我が半生。


ですから
「実家」とか「家族」とか「持ち家」
には格別の憧れがあります。

特殊な事情も絡んでくるのですが、
「普通の父」「優しい母」「仲の良い兄弟」
というのにも憧れてました。

極度の毒親でしたので、
友人たちが大人になっても「親とお出かけ」なんか
するのが全く理解できませんでした。
「親子の愛情」なんてのも全くピンときません。

「孝」が第一の儒者様から見たら超ダメ人間でしょうね。



「おじいちゃん」「おばあちゃん」という存在も
縁遠かったです。

母方・父方共に祖父は私が生まれる前に亡くなってましたし、
祖母も、父方の親戚とは全く付き合いが無く、
唯一会ったことのある母方の祖母も、
内孫である私の従兄弟にべったりでしたので、

「あのおばあちゃんは従兄弟くんのおばあちゃん」

という認識でした。



今、貧乏道免許皆伝の私に、


「おう、まうぞう、

困ってないか?」



と、ポンと100万円くらい援助してくれる
おじいちゃまが欲しい。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/7-1a6b1810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック