貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
貧乏ハウス
私は生まれたときから貧乏神様に愛された神の子でした。



先日もチラッと書きましたが、
私の生まれた家は超オンボロの一軒家でした。



一軒家と言いつつも、
1部屋には全く見ず知らずのじいさんが間借りしてあり、
壁一枚を隔てて同居していました。



私の家族の居住スペースは4畳半1間に2畳1間のみ、
台所は土間で、流し台は粗目の古いコンクリート製でした。

建物は平屋で、
屋根には瓦も満足に並んでなくて、
ボロテントがかぶせてあるような状態。

板壁には隙間や節穴だらけで冬には寒風吹きすさびます。

トイレはもちろんくみ取り式で
お風呂は石炭で沸かす木桶風呂。

いわゆる昭和初期から有るような古い民家ですね。



こんな家に両親と私で住んでおりました。

これで家賃は7,000円。

今から40数年前の時代とは言え、
当時においてさえも、
あり得ないくらい古くてボロくて汚い家でした。



小学生の頃は級友に家を見られるのが
いやでいやで仕方がありませんでした。



しかし、たとえ家はボロでも、

「それでも暖かい家族に囲まれて僕は幸せでした。」

なんて家庭だったらまだましだったでしょうが、
そんな素敵なことは起こり得るはずもなく、

父母は揃って飲んだくれ。

父はその上入退院の繰り返し。

酒がらみの修羅場は数知れず、
赤・白・白黒ツートンの緊急車両を呼んだこともありました。



そんな少年時代でした。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/9-c2115ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック