貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
結愛ちゃん
また痛ましい事件が起こりました。



普通の(と言うと語弊がありますが)
殺人事件でもいやな気分になりますのに、
小さな子供が犠牲になると
とてもいたたまれない気分になります。



全ての子供の命は均しく尊く
虐待の犠牲になった子供達については全てが痛ましく、
虐待した大人達を強く憎むべきなのですが、
今回の結愛ちゃんの事件がより一層辛いのは
結愛ちゃんの切実な苦しみが文字として
残っていたことでしょう。



この小さな身体と幼い歳で
どれだけのストレスと恐怖と悲しみを
感じていたことでしょうか。

読みながらニュースキャスターが涙するのは
今回ばかりは納得できます。



本来、唯一愛情を注いでもらえる対象であるはずの両親、
その両親から受ける日常的な虐待。

まだ自分で「逃げる」という判断さえ出来ない年齢。

「他人に助けを求める」ことすら出来ない環境。



人は「希望」があって「絶望」を感じるのですが、
この子は「希望」が何たるかを知り得ないまま、
「絶望」だけが日常となっていて、それが普通で、
ただその“普通”がとても辛いことだから
お父さんお母さんにお願いしか出来なかった。



辛すぎます。



その昔、刑法には、
“尊属殺人罪”という普通の殺人よりも
刑が重い罪がありました。

通常の殺人罪の刑罰は、
“3年以上~無期懲役または死刑”ですが、
尊属殺人罪は無期懲役または死刑のみでした。

私は切に希望します。

“虐待殺人罪”を新設してほしいです。

刑は無期懲役または死刑のみで。

「殺すつもりはなかった」
という言い訳も通用させません。

今の刑法でも殺すつもりはなくても
「死ぬかもしれない」と思っていれば
“未必の故意”で殺人罪と同等の扱いとなります。

“虐待殺人罪”は
より積極的に“未必の故意”を
認定してもらいたい。

それか、普通の傷害致死罪じゃなくて
“虐待傷害致死罪”も新設してください。

こちらも無期懲役が下限で。



それから、



夫婦同姓なので最初は分かりませんでしたが、
やはり案の定、結愛ちゃんは母親の連れ子でした。

母親が再婚し結愛ちゃんの義父となった男と
新たに子供が生まれたとのこと。

この母親も女であるし一人の人間です。

幸せを追求する権利はありますから
再婚でも何でもするのは自由です。

しかし、女である前に母親である、
結愛ちゃんにとっては唯一の保護者であり味方である
ということを前提に考えてほしかった。

この旦那、2度も傷害容疑で書類送検されてるんですから、
その時に懲役20年くらいくらっていれば、
結愛ちゃんが成長して一人で自立出来るくらいまで
虐待を受けることは無かったのに。



法治国家としてはあるまじきことですが、
この事件だけは人民裁判で裁きたいです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは、隊長。
この事件、本当につらいです。虐待死のニュースはいつ見てもつらいですが、今回は虐待という言葉すらぬるく感じる程に残虐で非道で冷酷です。
5歳で文字を覚え文章が書けるだけでも十分褒められるべきなのに、その歳で綴られた文章が謂れなき罪の許しを請う為のものなんてあってはならないです。
この両親には厳罰ではなく極刑を望みますが、そろそろ本当に「児童に対する罪の厳罰化」を進めてほしいものです。
ジジババばかり守るのではなく、未来ある子どもを守り、すくすくと育てられる法や制度の整備が急務です。
2018/06/11(月) 09:45:39 | URL | cuts #- [ 編集 ]
cutsさん、こんにちは。
この課題こそ司法よりも政治が率先して解決に動いてもらいたいものです。
法律学者などは世論に迎合するなと言うかもしれませんが、迎合で結構、虐待が無くなればそれで全てOKです。飲酒運転が超厳罰化されたお陰で、ゼロにはならないものの、交通事故の死者数は確実に減ってきています。
いきなり虐待死をゼロにするのは難しいかもしれませんが、一人でも多くの子供が助かればと思います。
2018/06/11(月) 20:27:03 | URL | まうぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://binbougod.blog.fc2.com/tb.php/977-e44b044a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック