貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
真田丸と本能寺
「真田丸」



毎週見ています。



先日7日の放送で

「ああっ、そうか!」

と目から鱗が落ちたことが
ありましたので書きたいと思います。



後世の時代に生きる私たちは
織田信長が本能寺で明智光秀に
討たれたことを知識として
知っています。

ですからドラマを見るにしても
知らず知らずのうちに
後々の歴史の事実を前提に
各シーンを捉えがちになってしまいます。

しかし、
当時、リアルタイムの現場にいた人たちは
また違った捉え方をしていたことでしょう。



「真田丸」での劇中のシーンでのことですが。

明智謀反の報に接した徳川家康。

すぐに三河への帰還を進言する家来達に
こう言います。

「仮に上様(信長)が生きていて、
 お助けもせずに(三河に)逃げ帰った
 ことが後にばれたら、明智なんぞより
 百倍も恐いわ。」


これには衝撃でした。



なるほど!



と。



テレビも電話もネットも無い時代。

本能寺襲撃という情報が入っても
テレビで生中継されているわけでは
ありません。

どれぐらいの規模なのか?

信長は確実に討たれたのか?

実は逃げおおせたのではないか?

そもそも「本能寺襲撃」の情報は事実か?

仮に偽の情報だとすると誰が流した情報だ?
明智か?周辺諸国勢か?まさか上様本人か?

疑問は尽きません。



その後の情報でも
信長の遺体は発見されてないとのことなので
より一層疑心暗鬼にとらわれます。



確かに、
信長の生死が不明な段階で
助けにも行かず、
とっとと国に帰ったなんてことが
後で生き残った信長の
耳にでも入ったら。



そりゃ恐い。



戦国大名達のその場その場の判断は
誤れば即・滅亡に繋がります。

比喩ではなく
一族郎党死んでしまいます。

大変だったことでしょうね。



毎回、次週が楽しみです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

真田丸
「真田丸」

第一話見ました。



大河を第一話から
リアルタイムで見るなんて
「秀吉」以来ですよ。



真田昌幸役の
草刈正雄さん、
超かっこいいですね。

武田勝頼役の平岳大さんも
いい味出してました。

この第一話の劇中の
天正十年の武田家滅亡前夜の時期なんですが、
池上遼一さんの漫画

「信長」

でも描写がります。

ここでの勝頼と昌幸との惜別のシーンが
とても良いんですよねえ。



今回の大河、
なかなか良い出だしじゃ
ないでしょうか。



堺雅人さんは

何をやっても

堺雅人さん

ですけどね。




そこも堺さんのいいところかな。

ただ、信長役はちょっと
高齢すぎる印象がありました。

信長の享年は四十九なんですが、
役の吉田鋼太郎さんは五十代ですので
決して老けすぎてるわけではないんですが、
見た感じの印象で「老けてるなあ」と
感じてしまったものですから。

これまでいろんな人が信長役をやってますが、
私が好きなのは大河「秀吉」の渡哲也さんです。

大河「徳川家康」の役所広司さんも
なかなか良かったですよ。



これから毎週
リアルタイムで見れるか分かりませんが
一年間、楽しみな時間が出来ましたね♪




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ミュージック
中島みゆきが好きな男・まうぞうです。

好きなアルバムは

「生きていてもいいですか」

です。

実は私は根暗です。



石井竜也も好きです。

好きなアルバムは

「羽」

です。

米米とは対極にある仕上がりです。

きっと私は根暗です。



高橋洋子も好きです。

「魂のルフラン」

最高です。

エヴァですね。

量産型が輪を描いて飛ぶシーンが印象的でした。

このシーン、今レンタルされているDVDには
収録されていないんですよね。



河島英五の

「時代おくれ」

初めて聴いたのは前職の同僚の営業さんが
スナックで歌ったヤツでした。

彼のカラオケで聴いたのは
その1度きりなんですが
今でも頭から離れません。

彼は前職場雇用主から残虐非道な扱いを受け
退職してしまいました。

この歌の歌詞も彼を彷彿とさせ、
私もかくありたいと願う男像です。



他の曲は知りませんが、
織田哲郎の

「60億年目のアダムとイブ」

大好きです。

装甲騎兵ボトムズの
スロットの挿入歌です。

夜の高速でこの曲を聴くと
平均速度が20km/h上がります。



デラセダカの

「星空のエンジェルクイーン」

1000年女王劇場版の主題歌です。

透明感のある喜多郎の
シンセサイザーミュージックが
響き渡ります。



やはり好きな曲はアニソンが多いですね。

ささきいさおのヤマト関連の歌は全て
カラオケでの十八番です。



角田信朗の

「傾奇者恋歌」「漢花」

もよく歌います。

元がパチンコの挿入歌のせいか、
スナックやクラブで歌うと
やたらとホステスさんに受けがいいです。



ファイナルファンタジーVIIの

「片翼の天使」

その昔、
私と生き別れた娘が4歳当時
非常に好きだった曲です。

とても幼児が好きになる曲ではないのですが、
この曲のリズムに合わせて踊ってました。



と、まあ好きな音楽を書き連ねてみました。

とても1回では全部書き切れませんね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

俺はまだ本気出してないだけ
「俺はまだ本気出してないだけ」

という映画を、DVD借りて観ました。



同名の漫画が原作です。



日本の漫画史に残るくらい

“さえないおっさん”

が主人公の漫画です。




「ルサンチマン」のタクローか
「ラブやん」のカズフサに
肩を並べるダメ男です。



その、さえないおっさん役を
なんとあの堤真一さんが演じてます。



立派に

“さえないおっさん”

やってました。



さすがに
シェイプアップされた堤さんの体型は
原作の主人公・大黒シズオとは
かけ離れていましたし、
堤さんの声がシブくてカッコいいもんで
これもまたダメ男とは無縁な雰囲気でした。



が、

「この人、今後の役者人生
 捨ててかかってるんじゃないの?」


と思いたくなるようなダメっぷりな演技でした。




エピソードやシーンは
結構原作に忠実で
笑わせてもらいましたよ。



監督は「勇者ヨシヒコと魔王の城」の
福田雄一さんです。



勇者ヨシヒコ役の山田孝之さんも
出演しています。



大黒シズオの娘・鈴子役で
橋本愛さんが出演していました。



原作の鈴子の
独特のクールで一線引いたような雰囲気を
見事に醸し出していました。



興行収入は3億2千万円だったそうで。



ハリウッド映画だったら

1人分のギャラにも

届かなかったんじゃという

ような結果だったようです。





にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

「SP 警視庁警備部警護課第四係」
ここ最近、
とあるドラマにハマって
観ていました。



「SP 警視庁警備部警護課第四係」

です。



「今頃?」



というツッコミが聞こえてきました。



私、流行に乗るのが遅いもんで。



テレビドラマはリアルタイムにはめったに見ません。

ここ10年の間では

「リーガルハイ2」と「Dr.倫太郎」

くらいのものでしょうか。



今回の「SP」は嫁子ちゃんのお薦めで
DVD借りて見始めました。



V6の岡田准一さんが主演で、
上司役に堤真一さんが出ています。



主人公は、
要人警護のSP(セキュリティポリス)で、
過去に衝撃的なトラウマを受けていて
それもストーリーに絡まりつつ
テロリストどもを退治していくというお話です。



堤真一さんがかっこいいです。



最後は衝撃的な結末で
納得できない部分もありましたが、
こんな上司の下で仕事が出来たらと
思える役回りでした。



他にも見所と言えば、



真木よう子さん

意外と胸でかいな。




という所でしょうか。



最初は男勝りで勝ち気な性格が
どうも受けつけなかったんですが、
どうやら


“ツンデレ”


属性であることが判明し、
俄然、守備範囲に入ってきました。



スーツの下の白いブラウスの
挑戦的な膨らみが何ともいえません。



すいません、エロおやじで。



さらに他の大きな見所は
劇場版での国会議事堂のセットでしょう。



最初は本物の議場だと思い込み、

「よく撮影許可したなあ。」

と感心したものでしたが、
まさかセットとは。

全く気がつきませんでした。



特番から劇場版まで
全てレンタルして観ました。

ネタバレになるので書きませんが、
金輪際、この上司堤と部下岡田コンビでの
続編が作れないのが残念です。



面白かったなあ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。