貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
等身大ラムちゃん
「うる星やつら」

ラムちゃんの等身大フィギュアが
発売されると聞いて、
心中穏やかではない男・まうぞうです。



私の青春はラムちゃんに
捧げたようなものです。



その昔、
普通のマネキンを
どこからか仕入れてきて、
独自にラムちゃんに改造した
猛者もいたらしいですが。

いや、私じゃないですよ。

私はせいぜい、
当時発売されていた
ツクダホビージャンボフィギュアシリーズの
1体3,000円のフィギュアを集めて、
ちまちまと塗装していたくらい
のものですよ、ええ。

エアブラシで塗装していたんですが、
その技術が役に立って後に
商売道具になりました。

まだ昭和の時代の話です。



“等身大”はオタクの長年の夢ですからね。



でも100万円はさすがに出せません。



ちなみに、私の勝手な意見としてですが、
どうせ等身大出すなら、



オリエント工業から

ラ○ドールの技術の粋を集めて

製品化・発売して

ほしいものです。




いえ、決してラムちゃんに対して、
そんな不純な行為なんか絶対にしませんよ。

ただ、○ブドールだったら
ポージングも自由だし、
着せ替えなんかもできますからね、ええ。

多少、変態じみていますが、
セーラー服姿も拝みたいなあと
思うわけでして。






以下、黒歴史。






その昔、知人女性(かなりのナイスバディ)が
ラムちゃんのコスプレをしていました。



かなり原作に近い

布面積でした。




その姿を身近で拝めただけ
私は果報者です。


やっぱ生身等身大に

勝るものはなし。







しかし、20年くらい前の、
もっともオタク熱が強かった頃の私だったら、
確実に100万円で買ってるだろうなあ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ゲゲゲの楽園
水木しげるさんが
お亡くなりになりました。



正直言うと、
子供の頃に水木先生の漫画は
読んだことがありません。

テレビで放映されていた
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」を
たまに見るくらいしか
接点がありませんでした。



数年前、
初めて水木先生の漫画を
全巻揃えてガッツリ読みました。

「水木しげる伝 ボクの一生はゲゲゲの楽園だ」

という作品です。

自伝半分・年代記半分的な内容で、
デジタル書籍で販売されているのを見かけ
興味を持ち読み始めました。



ここで初めて
“水木しげる”というキャラクターを
知りました。



何かのコラムで読んだことがあるのですが、

「水木先生の漫画の中で
 一番強烈なキャラクターは
 “水木しげる”本人だ。」


と書いてあったのですが、
なるほどと思ったものです。



飄々と、時には面白おかしく、
自らの半生を描いてあるのですが、
その体験記だけでも読み応えがあります。

特に大戦中に召集され赴いた
南太平洋の戦地の体験は衝撃的です。

将軍や将校視点、
または歴史を俯瞰した超越者としての
視点からの小説や伝記は
いくつか読んだことがありますが、
単なる一兵卒、いわゆる“歩”の視点での
漫画でこれだけ真に迫ってくる
作品は初めてでした。

そんな地獄のような環境でも
自分というものを失わず
強靱な精神力と生命力で復員し
漫画家人生を歩み始めます。



水木先生の漫画と言えば、
リアルに描き込まれた背景と
コミカルなペンタッチのキャラクター。

そのギャップが独特の世界観を
醸し出しているんですね。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



「よっしゃ、次はあの世で
 見聞記でも執筆するか。」


というお声が聞こえてきそうです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

大市民
柳沢きみおさんの漫画、

「大市民・最終章」

を読んで感慨に耽った男・まうぞうです。



作者である柳沢さんの
ほぼ日常を漫画に置き換えたような
エッセイ的漫画です。



この「大市民」シリーズとも
長い付き合いになりました。

掲載誌が変わったり、
書き下ろしになったり。

コミックのシリーズも
何種類かに別れていますが
同じ主人公の日常漫画として
続いてきました。

連載当初は40代中頃だった主人公が、
最終章では67歳。

当然ながら作者の柳沢きみおさんも
67歳になられたということです。



ビールや主人公の手料理、いえろいろな飲食店、
車やバイクなどに対するこだわりが随所に描かれており、
また時事ネタを元に批判・批評することもあります。

はっきり言って「?」と思うような
主義主張もありますが、
一貫した「昭和の頑固オヤジ」的な
何とも言えない魅力があります。



柳沢さんは売れっ子の漫画家ですから、
一般人に比べたらはるかに裕福な方で、
趣味に掛ける金額も半端ありません。

それでいて
本宅とは別のボロアパートを仕事場にしていたり、
ふらっと旅に出たり、
なじみの店を堪能する自由奔放なライフスタイルは
私の憧れそのものでした。

“大”市民ならぬ“小”市民たる我々は、
日々の糧に追われ、
とてもそういう風雅で優雅な生活を
送れるわけはありませんですが。



この漫画で教わったことと言えば、

・白菜鍋

・寿司屋では隠語は使わない

・カツ丼のカツは薄い肉に限る

というようなささやかなことが多いのですが、
そういう個別的なことよりも、
主人公=作者の生き様そのものが
私にとっての人生のお手本と言えるような
そんなバイブル的漫画です。



連載が始まった当初の主人公=作者の
年齢が40代半ば。

今の私の年齢と同じ年代です。

これから先、
私が60代半ばになるまでに、
少しでも作中の主人公のような
悠々自適な人生を送れるように
なりたいもんです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ポンコツランド・サガ
「ポンコツクエスト」



「ヴィンランド・サガ」

のコラボ企画アニメ、

「ポンコツランド・サガ」

の影響で、



「ヴィンランド・サガ」

16巻まで電子書籍で

一気に購入して

読破した男・まうぞうです。




原作を知らずとも
ポンコツランドは十分に
面白かったのですが、
原作を読むとより一層
面白く思えます。



まるで両作品が誕生時から
お互いのコラボを想定されていた
かのような絶妙な配役。

最初は「お姫様」呼ばわりされていた
クヌートと裏声クロヌマが合体して
クロヌートとなったのは
まさに神の奇跡としか
言いようがありません。



今度、ポンクエの
ガチャガチャが出るそうで。

幸いにして九州でも
まんだらけに設置されるとのこと。

是非ピカチュウ柄のカクを
ゲットせねば。



「ヴィンランド・サガ」の方も
一気に読んで、
今、読み返してるところです。

続きが気になります。



トールズ、かっけー。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

うち、ラムだっちゃ。
先日、NHKの番組、

「一声入魂!アニメ声優塾」

平野文さんが出演されていました。



この番組はタレントの中川翔子さんが進行役で
毎回、ゲストの声優に色々な話をしてもらったり
アフレコ指南をしてもらったりする番組です。



ラムちゃんです。



中学・高校と
全人生・全アルバイト収入を
ラムちゃんに捧げた私です。

劇場版「ビューティフル・ドリーマー」に
至っては全ての台詞を暗記しておりました。



今でもメガネの長台詞、

「友引前史」はほぼ全て

暗唱できます。




私の名はメガネ、
かつては友引高校に通う平凡な一高校生であり、
退屈な日常と戦い続ける下駄履きの生活者であった。

だがあの世、ハリヤーのコックピットから
目撃したあの衝撃の光景が
私の運命を大きく変えてしまった。

ハリヤーであたるの家に強行着陸したその翌日から、
世界はまるで開き直ったかのごとく
その装いを変えてしまったのだ。


~以下略



↑何も見ず、いきなり記憶だけで
 タイピングしてみました。



そんなオタクの鏡のような
うる星オタクだった私です。

平野文さんは私にとっては
“女神”と言っても過言ではありません。

久しぶりにテレビで見ることが出来て
感無量でした。



平野文さんは、
元はラジオのDJ出身で、
「うる星やつら」で声優デビュー、
その後、魚河岸に嫁いでエッセイを出版されるなど
多彩な才能を発揮しておられる方です。



相変わらず艶のあるお声でした。

この人の
ナチュラルにエコーがかかったような
独特の声質が大好きです。

男性で言うなら
キャプテンハーロックや石川五右衛門の
井上真樹夫さんもそういう声質ですね。



コンマ1秒以下の単位で
尺を合わせる曲紹介には
鳥肌が立ちました。



いつまでもその美声を
聞かせて頂きたいものです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。