貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
転職の夢
今の会社に勤めてはや幾年月・・・

辞めたいと思ったことや、
辞めようと行動したこともありましたが
何とか今までやってこれました。

以前よりはずいぶんと
働きやすい環境になったとは言え
今でも転職したいという気持ちが
無いワケではありません。



先日、
ネットで何気に、

「デザイナー 求人 ○○(私の在住する地名)」

と検索したところ、
それなりの数の求人情報が
ズラズラと出てきました。

アベノミクスの効果でしょうか、
以前は求人自体がゼロに近かったので
景気は上向いてきているのでしょう。



が、



現代の女工哀史か蟹工船かと言われる
デザイン業界。

しかも九州の片田舎です。

甘くはないですね。



提示してある給料が
10万円~20万円がほとんどですよ。



手取りでもきついのに

総支給額でこれ。




パートやアルバイトも見受けられます。

その上、

「残業は月に20時間程度♪」

とか書いてありますが
この業界でそれはあり得ません。

繁忙期に会社泊まり込みなんてのは
日常茶飯事の光景です。

週休二日の会社は皆無でした。

良くて4週6休。

それすら守られるかどうか
分かったもんじゃありません。



今、私が勤める会社も
決して待遇の良いワケではありませんが、
そこすら上回れる条件の求人は
ありませんでした。

業種的に、
経験は考慮してもらえる可能性がありますが
年齢(高齢)は逆に不利にしか働きません。

どこの会社の求人も
「経験者求む」となっていましたので
それはクリア出来るのですが、
「専門学校卒以上」となっていることが多く、
普通高校普通科卒の私は書類選考アウトです。

今になって専門教育の重要性を
再認識させられますね。

せめてDTP関連の資格や免許でも
持っていればよいのでしょうが、
私の履歴書の資格欄は

“中型自動車免許”

だけです。



私の転職道はお先真っ暗ですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

ここ数日
残業、残業、また残業。



年末進行真っ直中。



野暮用・雑用・千客万来。



そんなワケでブログもままなりません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

快感
人の目に見える仕事を
長年やっていた男・まうぞうです。



自分の描いたイラストや
デザインした図案が


時にはチラシに、

時には書籍の表紙に、

時にはテレビの画面に、

時には看板に、

時には街行くバスの車体に、


いろいろな所で
世間様の目に触れます。



自分の作ったものを
他の人が見ている姿を
横からそっと見るのは
至福です。

後ろからスッと寄り添って

「見てくれてア・リ・ガ・ト・ウ」

と耳元でささやきたい
気分になります。



ヌードダンサーが
ドーパミン出まくりで

「私を見てー」

と昇天する気持ちが
よく分かります。

たぶん同じ精神状態でしょう。



最近は職種の毛色がやや異なり
社会への露出は減りましたが
それでもたまに製作物が世に出るときは
初夜を迎えるおさな妻の気分です。



こればっかりは
お金で買えない快感です。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

イヤなイヤなイヤなヤツ
私の上司であり所属部門の長である

大山大尉(仮名)

この世の中で、
この人ほど他人から嫌われている人はいないと
聖書に手を置いて宣誓してもいいくらいの
嫌われ者です。

私の“片寄った主観”だけではありません。

一つ客観的な例を言うと、

会社公式の忘年会や歓送迎会を別にして、
過去十数回の飲み会では毎回、
こいつだけ声を掛けておりません。



普段でもうっとうしいのに

飲みの席ではもっと

うっとうしいからです。




飲み会参加者は飲み会の翌日、
平気でこいつの前で飲み会の話に
花を咲かせます。

本人は「酒は嫌いだ」と
強がっておりますが。



こいつ以外の人間が2人以上寄れば
こいつの悪口が自然発生します。



こいつのマイナスポイントを
あげだしたらキリがありません。


・本人は軽口のつもりでセクハラ全開。

・取引業者に度を超した自社の愚痴。

・取引業者へジョークを超えた圧迫。

・AにはBの悪口、BにはAの悪口。

・失敗やミスの責任は全て他人のせいにする。

・他人が作業に集中していてもわざとのように話しかける。

・喋っていないと死んでしまう。マグロか?

・しかもその喋るの内容がうっとうしい。


以下100個くらい出てきます。



今、とあるささいなことで、
私、こいつに殺意すら覚えんばかりの
怒りを抱いております。

近々、爆発するかもしれません。

その時は上記のような他者からの評を
全て余すところなくぶちまけてやろうかと
思っております。



私の貧乏人生に直接影響があるわけでもなく
私の貧乏要素には関係ありませんので

“貧乏神の手先!歴代の中ボスたち”

リストには入っておりませんが、
今現在、最もデスノートに書きたい
野郎です。

最近接点が少ないパワハラ上司
斑目中将よりも憎い野郎です。



あー!腹立つ!




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

土曜休
今日は嬉しい土曜休。



私が勤める某企業は
昔から筋肉脳のバカ社風が渦巻いており、



・遅くまで残業するのが良い社員。
 もちろんサービス残業。

・休日出勤するのもあたりまえ。

・有休を取ると理由を問われ、査定が下がる。

・理論と計画ではなく情熱と根性が行動原理。

・たとえ冷静な判断に基づく提案でも
 ネガティブなことを言うと批判される。

・“売上予算”は“計画”でもなく“予測”でもない
 単なる“大ミエ切った目標”でしかない。



などという素敵な会社でした。



今でも覚えていますが、
入社後数ヶ月経って、
初めての土曜休みを取った翌週の月曜、
朝礼で当時の部長から、

「今が一番大事なときに休むとはけしからん!」

と怒られました。

「制度上隔週で土曜は休み。」

と、労働契約書にも明記してあるのにですね。

しかも、
私が入社早々業務が立て込んでいたこともあり、
最初何回かの土曜休みは取らず出社した数ヶ月後に
ようやく仕事が落ち着いたので取った休みでした。

それが真っ向から否定され怒られる会社です。

以来、数年、土曜休は取ったことがありませんでした。



そんな漆黒のブラック企業な我が社でしたが、
今年になって会社を根底から揺るがすような事があり、
組織や社員への待遇において強烈なカンフル剤となりました。

その激震の内容は伏せておきますが、
ちんけな経営陣のワンマン経営よりも
遥かに強い上からの権力が降臨し、
今までのブラック色を吹き飛ばしてくれました。

長年こびりついた垢のようなブラック体質は
簡単には浄化できませんが、
ダークグレー企業くらいまでには
良い会社になりました。



休みについても、

「土曜休の番の人は確実に休むように。」

という神の福音かと思える
素敵な命令が発せられました。



お陰で今日も休めました。



1年前、2年前、3年前、4年前・・・

「もう辞めてやる!」

と辞表を書きましたが、
辛抱していて本当に良かったですわ。



相変わらず上司はバカで

仕事は過酷ですけどね。





にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。