貧乏神に愛されて
貯金なし、保険なし、資産なし、借金ありのどん底です。生まれたときから貧乏で、絶望的に金運が無い貧乏神様に愛された適応障害持ちの貧乏人(びと)のブログ
兄貴
今から10数年前、
私が初めて適応障害の症状を実感した時期、

(まだ「適応障害」どころか、
 心療内科にかかるような症状とも知らず、
 そもそも「心療内科」という病院の
 存在すら知らなかった頃のこと)

私に

「心の病系かもね。
 心療内科を受診してみたら?」


と奨めてくれた人がいました。



社会人になって出来た年上の友人で
私にとっては初めて出来た兄貴的な
友人でした。



筋金入りの鬱病でした。



「タヒにたい、タヒにたい。」

が口癖でした。



未遂的なこともやってました。



当時、私は心の病について何も知らず、

「鬱病」=「自堕落」

程度にしか思えなかったものですから
結構、ダイレクトに彼に言ったものです。



「え?未遂・・・って、
 本当はタヒにたくないんでしょう。
 だって100%確実な方法やったら
 失敗なんかしないでしょう。
 電車とか、ビル飛び降りとか。」




かなり残酷だった私です。



そんな暴言を吐く私を
にこやかに受け止めてくれた
兄貴でした。

兄貴の奨めに従って
私も心療内科の門をくぐり
薬を処方されたお陰で
とりあえず小康状態を得ました。

兄貴には本当に感謝です。



兄貴はあらゆる分野にとても博識で、
性格は温和な感じで、
無知な私の言葉をすべて包み込んで
くれるような人でした。

“超”がつくオタクで、
その世界での知識や実績も
とても私なんか足元のつま先の爪の垢にすら
及ばない程造詣が深く、
いろいろと遊んでもらいました。



優しい奥さんと2人の子供に囲まれて、
かなり立派な持ち家に住み、
クリエイティブな職に就いてました。

ご実家はそのあたりの地主さんで、
家賃収入だけでかなりあるような富豪です。

私にとってはどんなに欲しくても
一生手に入れられないものを沢山持ってる
憧れのまとのような人でした。



ただ、鬱病が酷い



のが難点でしたが。



紆余曲折があって、
今ではもう会えません。

一生会えないかもしれません。

別に喧嘩したとか疎遠になった
とかじゃないんですが、

諸事情

があって思い出の中の人
となってしまいました。



どこかで元気でいるのなら
それでいいです。



でも、兄貴、
もしも縁があったら
また遊びたいです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

適応障害の症状
もう10年以上患っている“適応障害”ですが、
最初に症状を自覚したのは
前職の雇用主に対してでした。



この雇用主、
かなり自己中で高圧的で気分屋で傲慢でした。

部下である私に、
何か指示する時も
基本、攻撃口調です。

自分自身のミスはすぐ忘れ、
相手のせいだと勝手に思い込み、
徹底的に攻撃しぬいてやり込める
超絶的暴君でした。



そんなヤクザみたいなのの下に
10数年いたら、そりゃ心も病みます。

声を聞くだけで怖気を感じ、
電話が掛かってくるだけで全身が硬直する。
そんな対象と化していました。



まず最初にはっきりと
体の異変を感じたのは
手の平でした。



痺れを感じるんです。

ビリビリと、
手の平の表面を数千匹のアリが
這い回っているような。



だんだん月日がたっていくと
他にもさまざまな症状が
現れてきました。



次は胃でした。



キューッと、

キリキリと、

痛みます。

ヤツのことを思い浮かべただけで、
休み明け翌日の仕事を考えただけで、
胃のあたりをおさえてうずくまる
くらいに胃が痛くなります。

食欲なんかまるっきりありません。

空腹感はあるのですが、
まるっきり食べ物を口に運ぶ
気になれない。



それから動悸です。



胸が熱くなり、
呼吸困難になり、
心臓の鼓動が激しくなります。

椅子に座っているだけで、
自分の心臓の鼓動が、
胸が上下しているのが分かるくらいに
激しくなります。



最後は全身硬直です。



目の前にパソコンがあって、
やる作業内容も頭に入っていて
手順も操作も分かっているのに
手が前に出なくなります。

腕を、肩を、動かそうと思っても
固まったまま動かなくなる。

声もうまく出せなくなります。



その頃にはすでに心療内科にかかっていて
「適応障害」の診断を受け、
薬を処方してもらっていました。

私が飲んでる薬は、

・ワイバックス

・ドグマチール

・メデポリン

というものです。



でも結局は薬を飲んでも
症状の緩和はできますが、
完治するわけではありません。

原因を元から断たないとダメなんですね。



最終的にはその会社を辞めて
症状は治まりました。



その時は。



私の場合だけかもしれませんが、
一度「適応障害」体質になると、
何か引き金が引かれると
すぐに再発してしまうようです。



今の会社に入り、
人間関係に追い詰められたら
簡単に再発してしまいました。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

コミュ障
初対面の人とはうまく話せない男・まうぞうです。



緊張します。



会話の流れを外します。



シラッとした空気を醸成させます。



どもるとか言葉に詰まることは
あまりないのですが(全くないわけではない)
会話を弾ませるということが苦手です。



ですから

“オフ会”

というものに行ったことがありません。



他の方のブログを読むと、
皆さん、オフ会なんかを開催し、
初対面の人と楽しく盛り上がってらっしゃいますが、
羨ましい限りです。



知った人との

“飲み会”

は好きですよ。




私は初対面の人と会うのは
どうも苦手です。

こっちが黙ってても
気にせずしゃべってくれる方なら
なんとかなるかな。



さすがに仕事上では、

「初対面の人苦手~(T△T)」

なんてことは言ってられませんので、
少ない勇気を振り絞って頑張ります。



しかし、
よほど親しい間柄なら問題ないのですが、
初対面や仕事上だけの関係の人と2人きりになると
自分が原因で(と思ってる)会話の空白があると

「会話しなきゃ!」

という強迫観念に取り付かれます。



“初対面の人が苦手”

なものですから、

実は風俗も苦手です。

スナックやクラブなどの
女性が横に付いてくれるお店も
苦手です。

何を話したらいいのかわかりません。

仮にどうしてもスナックに飲みに誘われたら、
ピチピチの20代現役女子大生ホステスよりも
酸いも甘いも噛み分けたような
この道何十年のプロのホステスさんの方が
ずーっと安心できます。

“プロの接客”

をして頂けると逆にホッとします。


シャイ


な私でも自然に会話が成り立つからです。



ですので、
児童買春なんかやってるおっさんの気持ちが
全く理解できません。

女子高生や女子中学生と
どんな会話してるんでしょうね?

私にとっては拷問みたいなもんです。

とてもエロい気分になんかなれません。



同じ理由が原因だと思いますが、
実は2チャンネルなどの特殊な世界も苦手です。

チラ見くらいはしたことはありますが、
巡回したり、ましてや書き込んだこともありません。

何か、決まり事や暗黙のルールみたいなものがあると、
途端に気分が萎縮して入っていけなくなります。

たとえネット上とはいえ
リアルタイムのコミュニケーションは苦手です。

ですからネトゲとやらも
やったことがありません。



心底、コミュニケーション恐怖症の男・まうぞうです。



これもまた心の病が原因なんでしょうかね?




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

日付変更線を越えたくない日曜日
月曜日の夜、
皆様、いかがおすごしでしょうか。



月曜日の夜の私自身(まうぞう)へ、
今はどういう気分ですか?

私は日曜日の夜時点の私です。



今、5月24日(日)夜22:52に
ブログを書いている男・まうぞうです。



新たな週を迎えるにあたって
夢も希望も熱意も歓喜もなく、
ただひたすらストレスと抑圧を感じている、
サザエさんから数時間しかたっていない
日曜夜のネガティブな私です。



この記事を公開するのが明日
月曜日の夜の予定ですので、
読んでいらっしゃるであろう皆様とは
約24時間の時差がある私です。


日付変更線を越えてますから、
時間的にはポリネシアでバカンスモードですが、
気分的にはアラスカで極寒のフリーズモードです。



日曜の夕方から夜にかけての時間は
本当に辛い時間帯です。



気分転換で見る「孤独のグルメseason3」も
全く食欲を刺激してくれません。



大昔、
はるか太古の昔には、
「アイ・アイゲーム」はおろか
「日曜洋画劇場」が終わるまで、
日曜日の「休日モード」気分は
途切れることがなかったのに。



いつからこんなに
“週明け”がいやになったのでしょうね。



不思議なのは、

「今週はあまり辛い作業は少ないぞ。」

とか、

「いやなヤツとの絡みも少ないな。」

というのは関係なく
日曜の夜は辛いんですよね。


もう、半ば条件反射化しているような。



こんな気分で酒を飲むのは
あまりよろしくないのでしょうが、
飲めばリラックスできますから。



「早く会社に行きたい!」

と思えるまではならなくてもいいですから、
せめて、何も不安を抱かずに、
月曜の朝を迎えたいものです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。

心療内科のお薬
今日は月に一度の
心療内科受診に行きました。


と、言いましても最近忙しくて
約二ヶ月ぶりになってしまいましたが。

薬は毎回、朝・夜用をもらってますので、
昼は調子がいい時は飲まずにすませており、
その在庫で二ヶ月しのいでました。

夜は飲まないと絶対に眠れないので
死活問題です。


つくづく思うのは
あんな小さな錠剤一つで
眠りが左右されるのですから、
人間の身体って不思議ですね。

VXガスなんか、
身体の一部分にスポイド一滴たらされただけで
人は死んじゃうらしいですからね。



毒にせよ薬にせよ、
最初に研究した人類は偉大です。



麻酔の適量を見極めるまでには
どれだけの人が犠牲になったのでしょうね。

最初にフグを食べた人は
即死だったんでしょうか。

燕の巣を最初に
「食えるかも?」
と思った人は何を考えて
そう思ったのでしょう。



想像すればするほど
人類の英知に脱帽です。

傷に効く薬は動物実験でも
ある程度効果は確かめられるでしょうが、
心療系の薬は人が飲まないと
確認できませんからね。

おかげさまで、
今日も平穏な眠りを得ることが
できます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ







拙い文章を最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの応援が貧乏神様打倒のエネルギーです。
よろしかったらクリックをお願いします。


何かしら感想を抱いて頂けたら是非【拍手】をお願いします。